aspotaトップ会員登録(無料)お気に入りアスリートに追加更新お知らせメールを受信サイトマップ

« 2008年08月 | メイン | 2008年10月 »

2008年09月 アーカイブ

2008年09月07日

ただいま

帰ってきました!北京後の放心状態からも、休息の旅からも。思いつきでぷら〜っと出かけた南の島ですが、かなり充実したリラックスタイムを過ごし、「私の旅プラン完璧やん!」といつもの調子を取り戻しました(笑)。なんと言っても、自転車に競技として取り組み始めてから6年間ずーっとチャンスのなかったスクーバダイビングを久しぶりに出来たのが最高!お天気も、透視度も完璧でした。
明日から現実の世界で頑張ります。なにせレースレポートもまだ書いていない(汗)。ゴメンナサイ!

2008年09月08日

旅の写真

20080905443.jpg

20080906451.jpg

20080907461.jpg

20080907468.jpg

パラリンピック

DSC09518.JPG
パラリンピックにて、自転車競技の石井選手と藤田選手がともに銀メダルをとりましたね!!お二人の実力からすれば金メダルを狙っていたと思うので本人たちは悔しかったのかもしれませんが、十分素晴らしい成績ですよね。障害にも負けず、前を見続けて進んできた道程はメダル以上に輝いていたことと思います。おめでとうございます!!
選手の写真をもっと見たいのですが、ネットのニュースにあまり上がっていませんねー。良いサイトがあったら教えてください!

上の写真は6月にあったオリンピック・パラリンピック自転車選手の壮行会@東京ドームにて。石井選手と。

サイクリング

20080907457.jpg

今回の旅の行き先は沖縄の離島。そして、最終日は本島で過ごしました。最終日の朝10時半に那覇の泊港に到着して、フライトは18時。ガイドブックにとても雰囲気の良い古民家を改造したカフェが紹介されていたのですが、交通のアクセスに難アリ。ん〜。バスと徒歩だと時間的に厳しいので、レンタカーしかないか。でもよくよく見てみると港から目的地までは17kmほど。自転車がある!なんだか、自転車という乗り物と新鮮な再会をした気分でした。調べてみると、泊港の近くでスポーツバイクが借りられるとの事で、さっそく予約してサイクリングしてきました。自転車だとバスや電車の待ち時間はないし、駐車場を探す手間もない。目的地までそのまま乗り込めるので限られた時間の中で充実した一日を過ごすことができました。
1、海辺サイクリング
2、琉球ガラス村
3、ひめゆりの塔と平和祈念館
4、カフェでランチ
5、国際道りと市場でお買い物
たった6時間でこの内容。そして、お財布にも、地球にも優しいという満足感たっぷりです。
泊港付近では、こちらでスポーツ車のレンタルが出来ます。
NPOしまづくりネット
沖縄輪業

最近は自転車と言えば競技だったけど、旅先で違う自転車に出会えてやっぱり良いよね〜と思えました。あまり構えず、自然にスポーツバイクと一緒に暮らす人が増えて欲しいな、なんて思います。

%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A%E3%81%A7%E3%82%84%E3%81%9B%E3%82%8B.jpg
これから自転車を始めようか悩んでいる方にお勧めな本が出ました。自転車界ではおなじみ いしわたり康さんの「自転車で健康にやせる方法」です。40歳を過ぎてからスポーツバイクに出会ったと言ういしわたりさんが、自転車の楽しみ方を書いたHOW TO本です。ビギナーサイクリストと同じ目線で書いているので分かりやすく、また凝り性のいしわたりさんならではの情報量の多さはさすがですよ!


2008年09月10日

バッテイ

今日から2泊3日。また旅行?ではなくて、入院です。去年の10月に骨折してオペした左足のスクリューを抜くためです。
前回3週間ほどいて慣れた病院のベッドでゴロゴロしたり、お世話になった先生や看護婦さんに会うたびに懐かし〜くて、怪我してから五輪に向かうまでのこの10ヵ月は本当に充実して楽しかったなぁ、なんてニヤニヤしています。もうとっくに消灯時間は過ぎているんだけど、若干テンション高めで眠れず、ブログなんぞアップしている訳なのです(笑)。前の入院では痛くて眠れなかったし、昼間は一日中リハビリで忙しかったのに、今回は昼間ヒマで爆睡してしまって今寝付けません…。平和だ。でも面白くないなぁ。レース後の疲れも抜けてきて、また何かに一生懸命になりたいな、そんな気分です。まずは明日の絶食と、一応切るので痛みに耐えることでしょうか。スクリューを埋めるオペはハッキリしたモチベーションがあったので痛いのは当たり前、とばかりに何故か痛み止めを飲まなかったくらい気合いが入っていたのですが、今は明確な目標がないので採血だけでも痛くて半泣きなくらい弱いです。無事オペを終えられますように。ではおやすみなさい!

2008年09月17日

抜釘

20080917481.jpg

先週の11日、足首のクギを抜いてきました。去年の10月に骨折して埋め込んだ戦友たちです。思ったよりも長い!こりゃ入れた時痛いわけだな。去年さんざんお世話になった病院からの景色や看護師さんたちを懐かしい〜なんて思いながら、楽しい入院でした。でもオペは痛かった!!抜くのは大したことないって言うから余裕かましてたら、やっぱりその日と翌日は痛かったです。翌日退院だったけど、ちょっと退院する自信なくすくらい痛かったー(涙)。切ったんだから仕方ないか。入れる時は腰椎麻酔だからだんだん麻酔が切れつつ、痛み止めの点滴しつつ・・・なのですが、今回の全身麻酔は起こされた瞬間に痛い!!安全確認のため、オペ室で麻酔医さんに起こされたんだけど、「起こすな!寝てたら痛くないのに!」と言いたかったです(笑)。でもその日から眠れたし2日後には自転車に乗れるくらいだから、ほんと、抜くのは大したことないですね。入れたときは、1ヶ月くらいは何かと痛かった気がする。いっつもアイシングしてたもんなぁ。ちゃんと練習できるまでのリハビリ2ヶ月、その後新鮮で楽しかった練習、ちょっとドキドキした3ヵ月半後のレース復帰。何もかもがあっという間で、とっても充実していました。ほんと、支えてくれるみんなの力を感じながら、楽しく、苦しく、充実したシーズンでした。いままで出合った全ての人に、ありがとう。

2008年09月18日

自然の一部になったとき!

初めてこのコーナー「Question〜アスリートに聞きました〜」に投稿します。

私が競技をしていて一番「気持ちいい」と感じる瞬間は、競技中だけとは限らないんだけど、バイクも体も全てが自然に溶け込んだとき!とっても調子が良いときに、年に1回くらい、突然現れます。いくらペダルをこいでも苦しくなく、体中からパワーがドンドン沸いてきて、バイクもコントロールするというよりも自分の・自然の一部。本当にエクスタシー!な時があるのです。森の中を泳いでいるような感覚。そういえば、今年はまだ現れてない!今シーズンは平均的に良かったけど、キターっていうのは無かったですね(涙)。一番最近のそれは、去年の春先にロード合宿から帰国して、久しぶりにマウンテンバイクに乗ったときでした。それと、他に最も印象的なのは03年に初めて優勝したときかな。またあの感覚に落ちれるように、日々トレーニングに励みまーす。

アスポタの他のアスリートさんも同じ質問に答えているのでぜひ見てみて下さいね。


2008年09月19日

迷走37号と日本縦断

私が自転車と出会った場である岡山大学サイクリング部は、毎年「迷走」という部詩を作っています。今年も後輩が郵送してくれたので、懐かしく読んでいました。恒例行事の報告や、個人的な旅の報告、自己紹介、他人紹介などが載った合計232ページの部誌です。
中でも面白かったのが、日本縦断記。毎年夏休みに部内の誰かが自発的に日本縦断をするのは私たちの部なのです。7月30日に稚内を出発して、8月26日に佐多岬に到着!総走行距離3874キロ。テントとシュラフを自転車にくくりつけ、毎晩野宿で基本のご飯は食パンと惣菜1品と牛乳だったそうです。出会いを大切にした旅ということで、話しかけられた人76人、差し入れをくれた人22人。また、家に泊めてもらったり、お昼寝をさせてもらったりなんて事もあったそうです。なんだかこれを読んで興奮してしまい、昨日の晩は久しぶりに引っ張り出してきたツーリングマップをずーっと眺めていました。最新式の軽量バイクでのレースも最高だけど、荷物が重くてウイリーしそうな(というか、実際した)自転車で、学生のうちに縦断しとけば良かったーなどと、結構本気で思ってしまいました。合宿嫌いのヘタレで有名だった私を知る同級生はびっくりするだろうけど(笑)。相田みつをの「本気」という誌を読んで、先輩風ごーごー吹かせながら部を引退した私ですが、部活動にもっとのめりこんでおけばよかった、なんて思いつつ、レース活動ではそう思わないように、いまいちど気を引き締めたのであります。
社会人で一気に日本縦断は難しいけど、休みのたびに輪行して、つぎはぎの縦断なら出来るかもしれませんね。そういうの、面白くないですか??