aspotaトップ会員登録(無料)お気に入りアスリートに追加更新お知らせメールを受信サイトマップ

« アジア選手権結果 | メイン | 東海ラジオ「2COOL!」出演のお知らせ »

アジア選手権レースレポート

%EC%82%AC%EC%A7%84%20384.jpg

日時:2008年11月8日(土)
大会名:第14回アジアマウンテンバイク選手権
開催場所:ネパール カトマンズ
天候:晴れ・ドライコンディション 
距離:27.1km(5周回+スタートループ)
結果:女子 4位
1, REN CHENGYUAN(中国)1:34:24
2, LIU YING(中国)1:37:11
3, SHI QINGLAN(中国)1:38:59
4, 片山梨絵(日本)1:41:20
5, WANG JINGJING(中国)1:45:03
6, DAM NGUYEN THANH(ベトナム)1:50:56

今シーズン最後のレースであるアジア選手権のため、ネパール・カトマンズへ到着しました。途中バンコクで1泊するという長旅でしたが、滞在先であるホテルの食事(カレー)が美味しかったので良い滑り出しです。アジア選手権は04年にチャンピオンになって以来、毎年中国人選手に負け続け、表彰台すらも登れないのが3年間続いていました。去年は表彰台よりも確実に五輪枠を取ること(中国3人のペースは気にせずに、その次の順位を死守する)に集中していましたが、今年は「表彰台に登りたい!」と強く願って臨みました。9月に代表が内定したときは、正直なところちゃんとコンディションを整えられるか自信がなかったのですが、大会が近づくにつれて体調も、そして何よりも気力が充実してきて、心地よい緊張感を味わっていました。
スタート。ペダルキャッチに遅れて焦りましたが、左コーナーを曲がりシングルトラックに入るまでの数十メートルの登りをダッシュします。体が重さを訴えることなくペダルがくるくる回り、今日は調子が良い!と確信しました。今回エントリーしている中国選手はワールドカップで活躍をしている3選手REN選手、LIU選手、WANG選手と今回始めて顔を見せた新人選手のSHI選手。ワールド3選手の後に続く4位でスタートループへ入りました。しばらくするとWANG選手は苦しいのか集団の後ろに付くようになり、私の後ろを走るSHI選手が必死に私の前へ入ろうとしますが、こちらも負けじと3位のポジションをキープしていました。ダブルトラックではポジション争いをして、シングルではワールドカップ優勝経験者の真後ろをぴったり走る。そんな状態が4キロほど続き、かなり興奮していました!!そして1周目コース中盤のアスファルトの登り。まとまった長い登りになるとどうしても付いて走ることができず、REN、LIU選手のパックと、そこからポロポロこぼれ落ちた3〜5位の選手が単独で等間隔に走っている、というような状況になってしまいました。トップ2選手はよっぽどのトラブルがないと厳しいな、と冷静に判断してしまいましたが、3位のSHI選手はオフロードのスキルなどまだ隙があったので、「追いつける!」と信じて飛ばし続けました。WANG選手がここで遅れたのがとても意外で、表彰台の可能性が高まったんだ、と自分を励ましていました。もうそこからはとにかく必死で、あまり覚えていません。。。どうやら3周目に3位の選手との差が一気に大きく開き、4,5周目はほぼイーブンペースで走っていたようです。2周目はまだ見えていたのでとにかく追いかけ、3周目もそれをキープして、4周目でまた背中を捕らえるつもりで力を振り絞り、5周目は無心で走っていました。自分の走りは良かったと思います。とても気持ちよかった。今シーズンで1番集中できたレースでした。でもメダルが欲しかった。弱い部分を認めざるをえませんが、今シーズンの最後に楽しいレースが出来て、希望をもってオフトレに燃えられそうです。良いレースをしたなら結果も残したかったところだけど、今回メダルがお預けになったのはいつかもっと大きい舞台でメダルを掴むため、ということにしておきましょう。
今シーズンも沢山の応援ありがとうございました。やっぱりレースは楽しい!ではまた春に、強くなってお会いしましょう!

使用機材
バイク:SPECIALIZED S-Works Era2009 
タイヤ:FAST TRACK LK 2.0(1.8気圧)
http://www.specialized.com/bc/

ペダル:TIME ATAC XS TITAN CARBON
マッサージオイル:Sports Balm イエロー2
http://www.dinosaur-gr.com/

アイウエア:ネガネナカジマ
http://www.h2.dion.ne.jp/~opt/

シューズ: パールイズミ ピーアイバガボンド®M4 ウーメン
http://www.pearlizumi.co.jp/

コンディショニング:テクノリンク V-TRON  http://www.techno-link.co.jp/
         :日本カイロプラクティックセンター大船 http://www.joe39.net/

補給:グリコパワープロダクション
   BCAA顆粒×2本(レース30分前)
   クエン酸&BCAAドリンク(レース後)
http://www.glico.co.jp/info/pwr_pro/