aspotaトップ会員登録(無料)お気に入りアスリートに追加更新お知らせメールを受信サイトマップ

« 2009年04月 | メイン | 2009年06月 »

2009年05月 アーカイブ

2009年05月01日

ロード合宿

ただいま〜。
この2日間はロードの合宿に参加させてもらっていました。
6人の女子選手が集まり、昨日はバイクペーサー、今日は’人力’ペーサー。
みなさんのお陰で気持ちよくメラメラと追い込むことができました。
多謝。

2009年05月06日

J1#3箱館山 結果

箱館山、結果は優勝でした!
今年から変更になったコースはとてもキツかったです。
硬くてデコボコな路面は筋肉を傷めつけ、踏む気持ちがあればいくらでも踏めるし、心が折れればどこでも大失速できるレイアウト。
これぞXCレースの厳しさですね。
もっと速く走りたいというもどかしさを抱えつつも、最後まで気持が切れなかったのが良かったです。

帰りも気持ちを切らさず、渋滞と格闘でした(笑)。
おやすみなさい〜。

ジャパンシリーズ#3@滋賀・箱館山〜写真〜

DSC_0014JOKO.JPG

DSC_0045JOKO.JPG

DSC_0013JOKO.JPG

DSC_0046.JPG

DSC_0048JOKO.JPG

photo by JOKO

2009年05月07日

FMラジオ「マイオリンピック」出演中のお知らせ

ケープエピックの出発前に出演させてもらったラジオ「マイオリンピック」に今週再び出演中です。
ケープエピックでの体験をお話しさせてもらっています。
放送日は5月4日〜8日だったのですが、お知らせが遅くなっちゃってごめんなさい!
明日の朝6時55分から7時、こちらの放送局でぜひ聞いてください。
一部の地域では夜23時55分から24日も放送しています。

2009年05月11日

じてんしゃの杜・プレオープンパーティー

P5090106.JPG
週末は宇都宮のお店・じてんしゃの杜の10周年&新店舗完成パーティーに行ってきました。
こちらの店長さんは私の出身である岡山大学サイクリング部の大先輩。
5月22日にオープンする新店舗のコンセプトは「大人の部室」だそうで、みんなが集まりやすい雰囲気と設備が充実していました。

P5090109.JPG
木の良い香りに包まれたひろ〜〜〜い店舗。
商品がズラリと並ぶ日が待ち遠しいですね。
ここは1Fで、パーティー後にはジロの中継が始まり「スポーツバー」状態。
さっそく部室っぽくなってきました。
そして2Fには店舗スペースの裏には、ミーティングスペースとキッチン・バスなど完璧装備にびっくりでした。
じてんしゃの杜に集まる自転車好きのみなさんで自由に使わせてもらえるそうです。
なんとも贅沢な「部室」!

P5100114.JPG
翌日は旧店舗に集合する最後のグループライドでした。

P5100118.JPG
噂の××××峠へ。
わざわざ見逃した名所を見るべく裏から登り返したオバカ軍団(笑)。

P5100124.JPG
たくさん走った後は、沢山食べました。
古民家でおいしいお蕎麦を堪能。

楽しい2日間をご一緒させていただいたみなさん、ありがとうございました。
では、OPENの日を楽しみに。
お引越し頑張ってくださ〜い。

SPECIALIZED collaborate with UNIQLO

P5110081.JPG
どうです??
SPECIALIZEDの新しいTシャツ。
ハッキリとしたロゴと襟・袖にはいった赤いラインのおかげで、着てみるととてもスッキリした印象。
かっこいいでしょ〜。

20090511631.jpg
実はこのTシャツ、全国のユニクロで今日から販売開始したんです!
吸汗速乾素材で、サイズもSからXLまで。
なんとお値段1500円。

どうやら7月20日@富士見竹谷選手引退レースの応援Tシャツになったようなので(?!)買うっきゃないでしょ。
お忙しい方はユニクロのネットショップでも買えるようですよ。

2009年05月12日

週末はアドベンチャーイン富士見!

P4260082.JPG
週末はアドベンチャーイン富士見ですね。
お天気が微妙。今のところ50%。みんなで「てるてるぼうず」作りましょう!
それでも予報が回復しない場合は、後半の長い下りに備えてレインジャケットを用意しましょうね。
お腹さえ濡れなければ大丈夫。
上にリンクを張った大会HPからコースマップと標高差も見ることが出来るので事前にチェックしてイメトレしときましょう。

私がこのレースで使いバイクは、いつものXCレースと全く同じ仕様のS-Works Era FSR Carbon
北京でもケープエピックでもご機嫌に走ってくれたEraは守備範囲が広い!
マウンテンバイクはデコボコが体力とスピードを奪うのが難しいところですが、
それは全部バイクが引き受けてくれるので楽チン&ハイスピードです。
先日アドベンチャーイン富士見のコースを試走したSY-Nakの中込選手も絶賛ですね。

入笠山の頂上で見るのは美しいアルプスか?それとも濃霧か?!
標高1900mまで上がるので苦しいかと思いますが、お互いベストを尽くして達成感を共有しましょうね。
がんばるぞ!

2009年05月14日

ジャパンシリーズ#3@滋賀・箱館山〜写真②〜

IMG_1616miya.JPG

IMG_1618miya.JPG

IMG_1639miya.JPG

IMG_1653miya.JPG

IMG_1699miya.JPG

photo by miya

疲れにくいからがんばれちゃう(総集編)アンケート&プレゼント企画!

片山さんに疲労回復サプリを試していただきました。
様々なところで強い味方となったとの事です!
Powered byアスポタ編集部

<ブログエントリー総集編>
★疲れにくいから頑張れちゃう♪ 

★2009年Absa CapeApick 挑戦を支えてくれたものP3270202.JPG

★片山梨絵と本気でスピニング!
〜ナチュリル「アスタビータスポルト」サンプリングイベント報告〜
1.JPG

2.JPG

3.JPG

4.JPG

5.JPG

<アンケート企画>
期間限定で「アスタビータスポルト」のアンケート&プレゼント企画をすることになりました。
応募資格は、本気でスポーツをしている方!
質問に答えてくれた方の中から抽選で「アスタビータスポルト」(1ヶ月分)をプレゼントします!!

締切は、2009年5月26日までです。

質問文は、下記の通りです。
回答は、こちらをクリックし書き込んで、返信してください。

ご応募お待ちしております!!

---------------------------------------------------------------------------------------------
ご職業:学生・会社員・自営業・主婦・その他
年齢: 
性別: 

Q1:あなたが取り組んでいるスポーツは何ですか?

Q2:頻繁に読むスポーツ雑誌・他のジャンルの雑誌は何ですか?

Q3:あなたとサプリメントとの関係について教えてください。以下よりお選び下さい。
①飲んでいる 
②たまに飲む 
③興味はあるが飲んでいない 
④全く飲んでいない

Q4:Q3で①・②と答えた方へ質問です。以下について教えて下さい。
①サプリメントの銘柄・価格・利用頻度(例;商品名・3,000円・毎日一粒)
②サプリメントを飲む理由

Q5:Q3で③・④ と答えた方へ、「飲まない理由」を以下よりお選び下さい。(複数回答可)
①体調が良いので必要ない 
②価格が高い 
③効果があるか不明 
④どの銘柄がよいか不明 
⑤その他(        )

Q6:アスタビータスポルトの印象を以下よりお選び下さい。(複数回答可)
①効果がありそう 
②何に効くのか分かりにくい 
③一度使ってみたい 
④価格が手頃 
⑤価格が高い 
⑥初めて知った 
⑦その他(        )

Q7:Q6で回答した理由を教えて下さい。

Q8:片山梨絵ブログ内「アスタビータスポルト」の案内に関する質問です。以下よりお選び下さい。
(複数回答可)
①ブログの右側にバナーはあることを知っていた
②ブログ本文で案内されていることを知っていた 
③ブログ本文にある「アスタビートスポルト」のサイトに行ってみた。
④購入した
⑤購入したいと思わなかった 
⑥案内がされていることを知らなかった。

Q9:Q8で「④購入した」を選んだ方へ、「購入した理由」について教えて下さい。

Q10:Q8で「⑤購入したいと思わなかった」を選んだ方へ、その理由を以下よりお選び下さい。
①価格が高い 
②疲労を感じることはない 
③自分に合うかどうか不明 
④既に別のものを摂っている 
⑤その他(        )
----------------------------------------------------------------------------------------------
質問の回答は、こちらをクリックして書き込み後、返信してください。


2009年05月15日

ジャパンシリーズ#3@箱館山〜レースレポート〜

2009 JCF MTB SERIES J1 XCO#3 in 箱館山
日時:2009年5月5日(祝日)
開催場所:滋賀県高島市
天候:晴れ・ドライコンディション 
距離:30.0km(6周回)
結果:女子 優勝
1, 片山梨絵(SPECIALIZED) 1:47:00.50
2, 中込由香里(SY-Nak SPECIALIZED) +5:52:20
3, 矢沢みつみ(Team corratec) +8:29.63

 八幡浜大会があったのが10日前。あまり間隔をあけずに第3戦の箱館山大会が開催されました。去年までの私なら回復最優先の1週間を過ごしていたでしょうが、今年はハードな合宿を1つ挟んでの参戦になりました。南アフリカでのステージレースを終え、確実に体はタフになっています。
レースのスタート。いつもどうり回転を上げていこうとイメージするものの、からだが鈍く、反応していきません。5人ぐらいの選手に先行されてしまったのですが、焦らず周りを見て進みました。GWで観戦に来ていただいた方も多く、その中から「片山がんばれ!」という声が聞こえてきて、とても力強く感じました。直線に入ると先頭は山本選手(BMC)次いで重兼選手(焼鳥山鳥corratec)。山本選手と重兼選手の間に5mほどの差が開き、前に出たいのですがラインを変えるリスクを考えると後ろに付いてしまいました。今回のレースでは問題ありませんが、もっと大人数のレースになってくるとこの瞬間でレース展開が変わってくることもあるので守らず、攻める練習をすべきだったかもしれません。登りにさしかかったところで先頭に出て、あとは前に進むのみ。今回から変更になったコースはデコボコで硬くしまった路面からくる突き上げが激しく、またいくらでも踏んでも踏み足りないレイアウトで休める区間がなく、体も心も激しく消耗するコースでした。試走ではスムーズだったシングルトラックもレースとなると疲労からハンドリングの反応が遅れる場面もあったので、丁寧に集中して走りました。後半3周はあまりにもキツイので「早くゴールして倒れこみたい・・・」の一心でペダルを回し続けました。これだけ辛いコースで、たとえば集団で走っていたり、自分より元気な選手に前を引かれたとしたら。果たして自分は気持で負けずに戦い続けられただろうか?もう一踏み込み、我慢する勇気を持てただろうか?レースを終えて、そんなことを自問しています。XCレースという、最高にエキサイティングで厳しい舞台に立てている今を大切に、しっかり強くなっていきたいです。

使用機材
バイク:SPECIALIZED S-Works Era FSR 
タイヤ:FAST TRAK LK(1.8気圧)
ペダル:TIME ATAC XS TITAN CARBON
マッサージオイル:Sports Balm イエロー2
アイウエア:メガネナカジマ
ニュートリション:パワージェル
コンディショニング:日本カイロプラクティックセンター大船 
         

2009年05月17日

アドベンチャーイン富士見

DVC00001.JPG

アドベンチャー富士見参加者のみなさん、お疲れ様でした!!
久しぶりの泥んこ遊びでした。
いまやっと泥の洗濯が終わったところです。

スタートラインで轍屋てんちょーと某エリートライダー様からの挑戦状を受け、
「そんなん無理ですわ〜」
と思っていたのですが、走っていると少し前に2人が見えるではないですか!
一番長い登りが終わった後の平坦&下りで気合いで追いつき、
かなりエキサイトして楽しかったです。
しかし。山の上の林道下りで白熱の余り大転倒!
前輪ポテチで、バーエンド折れて、シフトレバー曲がって、ハンドル曲がって。。。
かなり悲惨な状況でしたが、てんちょーの愛により致命傷のハンドルを直してもらったら
意外と走れたんで、無事完走でした。
衝撃はすべて愛車の健気なEraちゃんが受け止めてくれたようで、
肋骨折れずに擦り傷のみ。超ラッキーガール。
男女総合9位(たぶん)、女子総合優勝でした。
そして3人の内輪争いは2位でした。
勝ちたかった!

厳しいコンディションの中、素晴らしい大会を運営してくださったスタッフのみなさん、本当にありがとうございました。

2009年05月18日

首が・・・

今朝起きて着替えようとすると、肩が上がらない・・・。
転倒の衝撃で背中と首の筋肉がバキバキになってしまいました。
日本カイロプラクティックセンター大船で治療してもらって、2〜3日で治るそうです。
このくらいで済んでよかった、よかった。

昨日のアドベンチャーイン富士見の様子が、信州ふぉとふぉと館ブログに写真とともにUPされています。
みんなすごい泥模様ですね(笑)。
いつも心のこもった写真をありがとうございます。

昨日はガタガタ震えてたのに、今日は半袖の一日でした。
気温差で体調を崩さないように。インフルエンザにかからないように。
みなさん明日もお元気で〜。

2009年05月21日

アドベンチャーイン富士見〜レースレポート〜

日時:2009年5月17日(日)
開催場所:長野県 諏訪郡 富士見パノラマリゾート周辺
天候:雨・マッドコンディション 
距離:50km(入笠林道・富士見パノラマDH Cコースを含む、特設コース)
結果:MTB50kmの部・女子総合優勝
1, 片山梨絵(SPECIALIZED) 2時間47分20秒
2, 中込由香里(SY-Nak SPECIALIZED) 2時間56分16秒
3, 矢沢みつみ(Team corratec) 2時間57分26秒

いつものクロスカントリーレースとは少し異なるアドベンチャーレース。スタートから一気に1000mUPで入笠山の頂上まで登り、山の上の林道を周回して、富士見パノラマスキー場のダウンヒルCコースを下ってくる、合計50kmのレース。今まで何度か出場したことがあるのですが、この手のロングレースはどうも苦手で、いつも苦しい思いをしていました。しかし今年はケープエピック(マウンテンバイクステージレース)を経験してレベルアップしているはず。長距離レースのペース配分もだいぶ掴んできたので、イメージもばっちりです。そんな雰囲気が出てしまっていたのか、スタート前に轍屋自転車店・店主の鏑木さんと、エリートライダーの小田島さんに挑戦状をたたきつけられてしまいました。
スタート後のパレード区間が終わって間もなく、10名ほどの男子トップ集団から遅れをとりながらも、悪くないペースを刻んでいました。オフロードに入ってしばらくすると、前に鏑木店長らしき背中が。確信を持てないまま等間隔で登り続けました。第1補給所を過ぎたころからだんだんその差を詰めて追いつき、鏑木店長と一緒に走行。「あれ?前の小田島さんじゃない?」「ほんとだ!」そんな会話を交わしつつ、前を追います。後半鏑木店長が前に出てからはそのペースについていけずにまた単独になってしまいましたが、見える範囲で小田島さんと鏑木店長の一緒に走るパックが走っていました。頂上につき、平坦と下りが入り混じり始めたころから加速して、一気に前に追いつきました。「とりあえず、元気なうちに女子の底力を見せてやるか!」と2人の前を引きます。これで千切ることができたら爽快だったんですが、逆にライバルのスイッチを入れてしまった模様。かなりRのキツイ林道下りで小田島さんのアタック!う〜、悔しいが付いていけない。そこからしばらくは穏やかな登り。時間をかけてじっくり追いつき、小田島さんの後ろをしっかりマーク。しばらくは小田島さん、鏑木店長、私の3人でパックになったり、ちょっと離れてしまったり、を繰り返していました。またまた林道の下りにさしかかり、「千切れてたまるものか〜」と必死に小田島さんを追いかけていると、左コーナーで大クラッシュ。前輪はゆがんでいわゆる「ポテチ」状態。ハンドルはあらぬ方向を向き、バーエンドは折れて、シフトレバーまでも曲がる始末。起き上がって真っ先に深呼吸をしてみたところ、痛みがなかったのでアバラはセーフ!これなら走れる!後ろを走っていた店長に「大丈夫、先に行って!」と口で言いながら、目で「助けて」と訴えてみたところ、「メカニック>レーサー」との優しいご判断で走れるようにバイクの応急処置をして下さいました(笑)。そう、鏑木店長は04年からずっと私のメカニシャンを務めてくださっているのです。ありがたい!再スタートを切ってしばらくは
梨「小田島さんに置いてかれちゃってごめんなさいね。」
鏑「でも途中まででも一緒に走れて良かったじゃん。」
梨「ですよね〜。今日は調子良かったのにな〜。残念です。まぁ、あとはゆっくり行きますわ〜。」
なんて感じですっかりツーリングモード。しかし、前輪ポテチでも意外と違和感なく登れることが分かってくると、このペースじゃ遅いなぁ、と感じるようになってきました。それなりに疲れているのでマイペースで走るのが一番楽なため、恩を仇で返すようで申しわけないけど容赦なく前に出て単独走行開始。下りは時々バイクが変な動きをするので安全第一のゆっくり走行。それなのに、キツイ登りにさしかかったときに再び小田島さんが見えたのです!「追いついてこの悲惨な前輪を見せてやる〜。」と思ったけど僅かに届かず、Cコースの下りへ突入。転んだ時はゴンドラ駅まで走ってゴンドラで下ることも考えていたのですが、気がついたらレースモードに戻っていてそのまま下り始めました。前半のハイスピード区間は壊れたバイクの挙動をつかみ切っていないので何時でも停止できるスピードにコントロール。時々安全な直線でブレーキをリリースしてみると、これまた意外と普通に走れる。調子が出てきたところで後ろから鏑木店長に追いつかれ一緒に走行。前を譲ろうとしたけど、ジェントルカブラギが「いいよ」と言ってくれるので、なるべく迷惑をかけないように攻めて走行。前輪の歪みのことなどすっかり忘れてしまいました。後半のセクションはスリックタイヤを履いている鏑木店長はかなり滑る様子。Cコース無敵の男を誇る鏑木店長をまさにそのコースで千切れるだなんて、この上ない快感。ガンガン攻めます。そのままレースモードで最後のゲレンデをアタックし、そのままゴール。男子総合9位相当のタイムでした。
今回、健脚男子のお二人とレースが出来てとても楽しかったです。登りでもヒラヒラ千切れ、下りでは置いてけぼりでしたが、コンスタントに走っていると何度でも追いつく事が出来たのが収穫です。もうちょっと強くなって、先頭交代しながらレースできるようになると、さらにエキサイトですね。また胸を貸してください!あいにくのお天気となってしまった今大会ですが、私は白熱レースのお陰で震えることなく、素晴らしいコースを走り切ることができました。他の参加者の皆さんもこの過酷な天候の中、50kmものコースを走り切ったことでとても誇らしい充足感に包まれていました。ライバルたちとレースするもよし、自分に向き合うもよし、仲間と一緒にゴールを目指すもよし。さまざまなレベルの人たちが一緒になって楽しめる、最高の大会でしたよね。参加者のみなさん、運営のみなさん、楽しい時間を共有できたことに感謝します!

使用機材
バイク:SPECIALIZED S-Works Era FSR 
タイヤ:S-WORKS SAUSERWIND™ 2BLISS2.0(1.9気圧)
ペダル:TIME ATAC XS TITAN CARBON
マッサージオイル:Sports Balm イエロー2・シャモワクリーム
アイウエア:メガネナカジマ
ニュートリション:パワージェル レース中2個摂取
コンディショニング:日本カイロプラクティックセンター大船 

534.jpg
写真:信州ふぉとふぉと館

アドメンチャンーイン富士見 の余韻・・・

週末にあったアドベンチャーイン富士見。
オフィシャルページにリザルトが発表されたり、
信州ふぉとふぉと館に写真がUPされたり、
まだまだ余韻に浸って楽しんでられる方の多いのでは??
私も今日やっとレポートをUPいたしました。

また、今回はSPECIALIZEDコンセプトストアのスタッフやお客さんも参加されていたんです。
その方のブログにあった言葉を引用します。

今まで出たレースの中で一番過酷で、一番楽しかったかもしれない。
予測できない大自然に立ち向かい、苦しければ苦しいほどクセになる。
アドベンチャーレースは面白い!! MTBサイコー!!!

ん〜。良いですね!
またどこかの会場でお会いしましょう!

ちなみに私の次レースは5月31日(日)のセルフディスカバリーアドベンチャー・イン・王滝です!
初参加の王滝。どきどき〜。
今大会にはスペシャライズドのブースもありますので遊びに来てくださいね。

△▲イベントブース展開のお知らせ▲△

5月31日(日)開催の「セルフディスカバリーアドベンチャー・イン・王滝」にブースを出展いたします。

今回は実験的にSPECIALIZEDライダー対象のカフェを展開します。


ブースでアンケートにお答え頂くだけでコーヒーとドーナツの提供、そしてプレゼント!も用意して、

ライダーのみなさんをお待ちしております。レースに出場予定のお客様がいらっしゃいましたら

ぜひお声掛けください。招待選手の片山梨絵選手もブースでお待ちしております。ぜひお立ち寄りを!



もういっちょお知らせ!
王滝いかないよ〜という人は、この日にMTBツアーもありますよ!
スペシャライズドコンセプトストア ライド『MTB 1day TOUR』
開催日:5月31日(日)
集合時間:9:00
集合場所:群馬県みなかみ
料金:¥8,000−(税込)
料金に含まれるもの:ガイド料、保険、ランチ代、バイク、ヘルメット、グローブなどレンタル代
このツアーに適したバイク:マウンテンバイク(スリックタイヤ不可)
ツアーのグレード:初心者〜中級者
定員:10名
ツアー主催:MTB JAPAN ADVENTURE TOURS
お申し込み、お問い合わせ:スペシャライズド・コンセプトストア 03−5411−7545

2009年05月22日

S-Works Ruby SL!!

20090521635.jpg

きました〜〜〜。今年のロードバイク。
S-Works Ruby SL!!
軽すぎやろ。
進みすぎやろ。
ペダルをつけない状態で計測して6.7kgだったそうで、ペダルが180gだから現在のバイク重量6.9kgかな。
今日は強風だったけど、テンション↑↑で5時間ほど山を徘徊。
いつもの川沿いの帰り道は風きつそうだから、再び山を回って帰宅。
疲れてても軽いわ〜。

去年乗っていたRuby Expertはとても体に優しい印象。
グループライドやレースにも耐えうるスピードは実現しつつも、
とにかく衝撃に優しく、いつまでも、毎日でも乗り続けられる、そんなバイクでした。
冬の乗り込みはこのバイクの優しさにだいぶ助けられたもの。

そして今年のS-Works Ruby SLはもっとレーシー。
トップグレードだけあって、とにかく攻撃的で速い。
トップスピードを求めるならコレ!
とにかく軽くて速いので、調子にのってスピードを出してると、かなりの出力なのか窒息しそうになる(笑)。
そのくらい「その気にさせてくれる」バイクです。
コーナリングもとても素直で、去年のバイクとは動き方がちょっと違う。
もっと乗りこなせるように練習しなくっちゃ。
今年はこの愛車とともに、ロードレース久しぶりに出ちゃいます。
怪我なく、きちんと走れるように、気を引き締めて頑張ります。

2009年05月26日

食後の一睡万病丹

20090526637.jpg

午前中は雑誌「BODY+」の撮影。
編集者もカメラマンも女性の方で、楽しい時間でした。
今度はみんなで乗りたいな。
発売日は6月22日です。

午後はここ周辺を走りたかったので、近くの公園でお弁当ランチ。
open airの食事ってなんでこんなに美味しいんでしょ!
ハマりそう〜。

食後は木陰でシャバーサナ(というか、昼寝)。
すっごく贅沢。
暖かいお日さまと、心地よい風と、BGMを奏でてくれた小鳥たちに感謝。

2009年05月27日

アンケート&プレゼント企画終了

アスポタ編集部からのお知らせと御礼

5月26日を持ちまして、アンケート&プレゼント企画は終了となりました。
たくさんのご応募ありがとうございました。
当選者の案内は、プレゼントの発送をもってかえさせていただきます。
ご協力ありがとうございました。


雑誌「funride」6月号 

P5270080.JPG

ファンライド6月号の106ページから109ページにケープエピックを終えてのインタビューが載っています。
聞き手は爽やかスポーツマンの村山編集長。
ぜひチェックしてみてくださいね。

ケープエピックのレースレポートなどは右のカテゴリーからリンクしています。
併せてご覧下さいまし〜。

2009年05月28日

不甲斐ない。

20090528644.jpg

練習中に転倒して、落ち方が悪かったのか、運が悪かったのか。
最初は擦り傷かと思ったけど、傷から白子みたいなぶじゅぶじゅ(皮下脂肪らしい)が見えていたので島中先生に相談したところ
ヒザを少し縫うことになり、またまた海老名総合病院でお世話になりました。

まずはハブラシの様のもので怪我をゴシゴシ。
ひょえ〜〜〜。
麻酔で痛みは感じないのに、脚も肩も全身緊張しまくり(笑)。
これを怠ると、あとで化膿してえらい目みるそうです。
山で転んだら注意!!

そのあとは週末のレースも考慮して、外側は縫わずに内側だけチクチク。
以前とある病院で縫ったときは皮と皮を糸でつないだ小学生の手芸みたいになっていて、
それが初めての経験だったからスタンダードだと思ってた。
が!今回は写真のように怪我が見えないくらい綺麗になっていて驚き!
島中先生自身がブルぺや王滝を完走されている自転車乗りなので、
レースや練習を配慮した治療をしてくださるのがとても助かります。

嗚呼、転んじゃうなんて情けない!
打撲のピークがおそらく明日なので、あまり酷くならずに王滝元気に走れることを祈りつつ。。。
おやすみなさーい。

2009年05月29日

痛いでありまーす

夜中4時に痛みで起きて大騒ぎし、「絶対お皿がめしょめしょに割れているんだ〜〜〜」と思ったけど、
午後からは痛みのピークを通り過ぎ(ボルタレンが効いているだけ?!)、
脚を引きずりながら必死に週末の遠征準備中です。

午前中は電気毛布に包まりながら患部を挙上してアイシングしまくり、ひたすら眠っていました。
よくもこんなに長く、深く、眠れること。

風邪の原因はウイルスに感染するだけでなく、何らかの要因で体の免疫が落ちていたことによるように、
怪我も根本の原因のようなものがあると思う。

以前2度骨折した時だって、どちらも極端に疲労がたまっていて、休みが必要だった。

何だか最近妙にテンションが高く、睡眠時間が不足していたんで、
今日の休日が必要だったんだろう。

もうぐっすり眠ったから。
神様、お願い!!痛みよ、引いて!

2009年05月31日

セルフディスカバリーアドベンチャー・イン・王滝

P5310016.JPG

王滝行ってきました〜。
当日の朝まで脚の痛みは残っていて、悩みに悩んだんですが、走りたいので走っちゃいました。
案外調子良く、女子総合優勝。
男子を合わせた総合でも7位(6位入賞まで22秒足らず!!)。
走ってよかったです。
走れて良かったです。
協力してくださったみなさんに感謝。
一緒に走った皆さん、スタッフのみなさん、ありがとうございました&お疲れ様でした。
秋の120kmも走る予定です。