aspotaトップ会員登録(無料)お気に入りアスリートに追加更新お知らせメールを受信サイトマップ

« 喉がぁ | メイン | 好きな言葉(修正版・・・) »

セルフディスカバリーアドベンチャー・イン・王滝〜レースレポート〜

日時:2009年5月31日(日)
開催場所:長野県 王滝村内木曽林道
天候:大雨!
距離:100km(ワンウエイコース)
結果:女子総合優勝:5時間47分59秒

 初めての王滝参戦。今までは長距離が苦手で敬遠していたレースなのですが、今年は3月のケープエピックに始まり、ロングレースとベースづくりの時間練習を重視してしているので、どんな走りが出来るのがとても楽しみにしていました。

 しかし。。。レース直前である木曜日の練習中に転倒して、右膝の縫合と太もも2ヵ所の打撲。縫った傷は順調に回復していったのですが、打撲の影響がかなり大きく、金曜日の午前は全く歩けない、立ち上がれない、トイレに行くのも決死の覚悟が必要な状態。太ももの打撲が膝に強烈な痛みを生じさせ、体重をかけることが出来ないのです。骨や靭帯の異常を心配して不安な時間を過ごしていました。それでも安静にしていたのが良かったのか、夕方からつかまり歩きが出来るようになって、快方に向かっていることが確認できたので、とにかく現地へ向かう決心をしました。
土曜日は歩けるけど、歩けば膝が熱をもってしまっていました。レースを走って怪我を長引かせる事だけはしてはいけない。シーズンはこれからやっと中盤にさしかかるところで、まだまだ先が長い。でも、今年国内で一番楽しみにしていたこのレースをスタートできないのは悲しすぎる。ひたすら葛藤が続きました。
  しかも天気予報は雨。「スタート時に雨が降っていたら、体の元気な部分も冷えて硬くなり、痛む右膝の動きをカバーできないので出場を断念する。」これが前夜に竹谷コーチと相談して決めた答えでした。

 当日3時起床。膝の痛みと動きの制限はどんどん少なくなってきているし、雨音もしない。やった!最高の気分で朝ごはんのおにぎりを食べて、まだ早いので少し2度寝。しかし、屋根を打つ無情な雨音に起こされることとなりました。どうしよう。再び葛藤。しかし、ここまで来たらもう止められない!
・危険を感じたら、勇気あるリタイアを決断する
・絶対に何があっても転ばない、ムキにならない
この2つを呪文のように何度も自分に言い聞かせ、スタートラインへと向かいました。

 スタート前に行われた御嶽神社の神主さんによる安全祈願。御嶽山に向かって二礼二拍手一礼。ほんと、お願いします!!安全にゴールできますように!!!

 パレード区間が終わり、レースがスタート。すぐに周りの男性は勢いよく猛ダッシュ!私はマーペースを守りつつも、あまりにも後ろに落ちすぎると後で抜かすのが大変なので、ある程度のペースで進みます。下りにさしかかると、スタンディングポジションを取ったときに右膝が痛むし、踏ん張りがきかない。ERA FSRのサスペンションに大いに助けられながら、座ったまま、ペースをコントロールして下ります。幸いぺダリングを要する下りが多かったため、大きなディスアドバンテージにはならなさそう。
 アップダウンを繰り返す中で、下りは慎重にこなすけど、怪我の言い訳に甘えて必要以上にペースを落としているのではないか?と自分に対していらだってきます。冷静に、冷静に。下りのスローペースに巻き込まれて登りまでも妥協することは絶対にないように、自分を戒めながらぺダリングを続けました。
 第1CPの前あたりから体が冷えてくるのを感じました。怪我を防ぐためにも、長い下りの前にジャケットを着なくては。どこが山のピークかを判断するのに、友人からもらった標高差マップや、周りを走る経験者からの情報がとても役立ちました。助け合って、進んでいく。ロングレースの醍醐味です。

 50キロらへんでは体がとにかくキツくなってきました。腰は痛いし、両脚も重く痛い(怪我ではなく、疲労で)。体が絶望的な状態になってきたのです。一瞬「もうイヤだ」と弱気になりかけたのですが、「痛いの上等!この体とこの気持ちにどう対峙するかがエンデュランスレースの面白み!」とテンションを上げていきました。ケープエピック以来の『悟りの感謝モード』に突入です。
「こんなに素晴らしいレースを準備してくれた主催者のみなさんありがとう」
「こんなに壮大な山と自然にありがとう」
「前を走る人たちは、轍をつけて後続の選手を励ましてくれているんだな、ありがとう」
「きょう、無事にスタートできてありがとう」
もう訳がわからない。とにかく、心に苦しみが入り込む隙を与えないように、ポジティブワードで埋めていきました。

 しばらくすると辛さを忘れ、体が軽くなってきました。このころ、抜きつ抜かれつの選手が2〜3人いて、デットヒートに夢中になっていると、もう一つ前の集団に追いついたりしてかなり楽しい!最後のループでも何人か選手をパスしてやっと辿り着いたゴール!!スタッフのみなさんが暖かく迎えてくれて最高のレースでした。脚の怪我のほうは、レース後すっかり良くなってしまって困惑。三味線じゃないです、本当に痛かったんです、レース前は・・・(苦笑)。
あー走れて良かった!
そして、女子1位、総合でも7位と予想以上の結果だったので、秋は最初から結果を狙って頑張ります!

使用機材
バイク:SPECIALIZED S-Works Era FSR 
タイヤ:FAST TRAK CONTROL 2BLISS(2.0気圧)
ペダル:TIME ATAC XS TITAN CARBON
マッサージオイル:Sports Balm イエロー2・シャモワクリーム
アイウエア:メガネナカジマ
ニュートリション:パワージェル
コンディショニング:日本カイロプラクティックセンター大船 
テーピング:New-HALE