aspotaトップ会員登録(無料)お気に入りアスリートに追加更新お知らせメールを受信サイトマップ

« 今日の練習。 | メイン | 梅仕事。 »

梅が届いた。

P6150001%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG

無農薬栽培の榎本家(実家)の田んぼと畑。
季節になると、お米やら野菜やらを届けてくれる。

今回は梅。
袋を開けると幸せな香り!
そうだ、梅はフルーツだったんだ。

まずはセレクション。
比較的青い子は蜂蜜漬け。
よく熟れた子や少し痛んでしまった子は梅ジャム。
ぷりぷりのべっぴんさんはコンポート。

季節を感じながらのゆっくりした作業は心を落ち着かせてエネルギーチャージになる。
女の人の遺伝子はそうゆうふうに出来ているんだと思う。
私の場合、「やらなきゃダメ」な作業的家事は嫌いなくせに(笑)。


最近よく「食事は気を遣っているんですか?」と聞かれる。
「ぜ〜んぜん」と答えている。
正確には、とても神経質だった時代を得て、
今はストレスを感じなくても自分の必要なものが自然に分かるようになってきた、といった感じ。
お肉を食べたい、あっさりした食事がいい、油っぽいものを食べたい、など。

体は(もしからした心も)、食べたものからできている。

みんなで楽しく食事をするときは何でもおいしく食べる。
心の栄養!
遠征中に無理やり日本食に拘ったりしない。
その土地のものを食べるのが一番体調管理に良い。

けど、自宅で安心できる食材で手作業で作る食事は、一番エネルギーがあるので大切にしている。
大地の力と父の作物、母の手料理に感謝。