« 全日本選手権フォトギャラリー | メイン | 夏だ »

全日本選手権(マウンテンバイク・クロスカントリー)〜レースレポート〜

日時:2009年7月20日(月)
開催場所:長野県 富士見パノラマリゾート
天候:はれ
距離:4.2km×4周(16.8km)
結果:女子優勝
1位:片山梨絵(SPECIALIZED) 1時間21分46秒84
2位:中込由香里(SY-Nak SPECIALIZED) +3分45秒99
3位:矢沢みつみ(Taem corratec) +9分50秒62

LE4A0263.JPG
写真:SHO FUJIMAKI

V6達成しました。
こんなにも長い間、多くの人に支えられて走れて幸せです。
だからこそ、もっと力強い走りを実現しなければ!
毎年そんなことを思うのが、私にとっての「選手権」みたいです。

今回の選手権は、「慣れてきた6年目こそ、トラブルがあるんじゃないか?」などと考えてしまって、とても緊張するスタートとなりました。
前日まではグズグズした雨模様で下が、当日は照りつける暑さ。夜のうちには風も吹いたようで路面状況が刻々と変化し、タイヤ選択が非常に難しかったです。結局スタート2分前に最新の情報を聞いてマッドタイヤからオールコンディションタイヤに交換する決断をしました。交換は信頼できるスタッフにお任せして、私は集中を切らすことなく号砲を待ちました。
いつもどうりのレース。スタートで先頭に立ち、そのまま独走態勢に持ち込みました。「攻めなきゃ、強くならないよ!」という自分と、「選手権なんだから、確実にゴールしなきゃ、勝たなきゃ意味ないよ!」という自分の戦い。下りやゲレンデ登りではもっと攻めるべきかもしれませんでしたが、スリッピーな登りをミスすることなく確実にこなし、タイム差を広げていきました。雨上がりのドロドロ路面は、たった1時間20分強のレース時間とは思えない苦しさでしたが、最後まで集中を切らすことなく走り切れました。
普通に走れば勝てるんじゃないか。そんな風に思われてしまう女子レースの中で、手抜きすることなく完璧なサポート体制でレースに臨んでくれるチームSPECIALIZEDスタッフのみんなに、感謝の気持でいっぱいです。やっぱり選手権は特別な大会。他のレースよりも「勝利の女神様」の存在を強く感じる大会です。一番勝ちたいと願った人が勝つ。それが選手権。これからも女神様を惹きつける強い心でMTBレースに取り組んでいきたいと思います。


使用機材
バイク:SPECIALIZED S-Works Era FSR 
タイヤ:S-WORKS THE CAPTAIN(1.75気圧)
ペダル:TIME ATAC XS TITAN CARBON
マッサージオイル:Sports Balm イエロー1、Freshing Fluid
アイウエア:メガネナカジマ
ニュートリション:パワージェル
コンディショニング:日本カイロプラクティックセンター大船 
テーピング:New-HALE

1273.jpg
写真:信州ふぉとふぉと館

DSC_0105JOKO.jpg
写真:JOKO

LE4A0148.JPG
写真:SHO FUJIMAKI