aspotaトップ会員登録(無料)お気に入りアスリートに追加更新お知らせメールを受信サイトマップ

« 2009年08月 | メイン | 2009年10月 »

2009年09月 アーカイブ

2009年09月03日

キャンベラ6日目。

やっとネットカフェに来てみたのでブログ更新。

良い体調で現地へ乗り込んだのですが、コースがテクニカルすぎてそれを発揮する場もないと感じたほどでした。
かなりへこみましたが、毎日試走を重ねて日々成長中です。
スリッピーな砂をブンブンとばし、でっかい岩を乗り越え、落ちて。
ジャンプはビビってチェーンリングをガツガツ当てています。
スタートまでにバイクが壊れませんように。
これがクロカンか〜。
イージー&ハイスピードな時代はどうやら終わったようです。
でも、MTBを極めたいので、ベストを尽くします!

2009年09月07日

世界選手権@キャンベラ

ただいま。

結果はほぼ目標どうりの25位。自己ベストを達成です。
ここ数年目指し続けてきたトップから10分以内に、やっと、大きく近づきました。
足踏みから、すこし前に進めたでしょうか。

テクニカルなコースと対峙して、レースして。
レース後に男子レースや迫力のダウンヒルを観戦して。
やっぱりMTBってかっこいい!極めたい!と強く思いました。

おばあちゃん、ありがとう。

詳しくはまたレポート書きます。

2009年09月11日

世界戦のはなし

みなさん応援ありがとうございました。
レースが終わってすぐ、月曜日の夜に帰国しました。
昨日ちょっともがいたら、疲労困憊で死にそうです。
来週の王滝でみなさんにお会いするまでは、回復のためお休みですね。。。

映像、またまたクラッシュ。
しかも五輪と同じく前で転んでいる人に突っ込むパターン。
同じセクションで人と自転車を乗り越えた人もいるらしく、
そんな練習も必要でしょうか?!
ちなみに人の皮膚はグリップがいいそうです(笑)。

ラストはスプリントっていうか、悔しダッシュかな〜。
一度彼女の前に出たのですが、やり返されて負けちゃいました。
楽しかった!!
次は勝!

みんなで元気を共鳴させて頑張っていきましょう〜。


*コメントの返事で書いた文章ですが、ブログっぽかったのでコピーしてみました。
「映像」からリンクはっているページでレースの模様がすべて、2時間の動画で視聴できます。
クラッシュシーンは40分くらいのところです。。。

2009年09月12日

もうすぐ・・・

%E5%86%99%E7%9C%9F.jpg

昨日は美味しい!!お料理のあと、サプライズでBD祝ってもらいました。
嬉しい!!
とっても綺麗な色のシャンパングラスをいただいて、大人になった気分です。
中身のプレゼント募集中(笑)。

あとあと、私の名前にも入っている、一番好きな果物、梨のプレゼントもいただきました。
味が濃くて、あま〜いです。

シャンパングラスのように艶やかで、梨のように瑞々しい30代を目指しま〜す。

2009年09月18日

5連休は王滝&J富士見

20090918767.jpg

5連休が始まりますね。
お天気も良さそう。

私は土曜日はセルフディスカバリー王滝120km。
火曜日はジャパンシリーズ富士見大会です。
すごいスケジュールを楽しんできます。
出場される方、会場でお会いしましょう〜。

新しいデジカメ、オリンパスμタフ8000を入手したので、写真いっぱい撮ってきますね!
防水&耐衝撃性能(落としても大丈夫!)はもちろん装備。
新しい機能は「タップコントロール」といって、カメラのボディを叩くだけで設定やシャッターが切れるというもの!
グローブをしていて細かいボタン操作が面倒な時に重宝しそうですね。

では、いってきま〜す。
渋滞しませんように・・・。

世界選手権レースレポート

大会名:UCIマウンテンバイク世界選手権
日時:2009年9月5日
開催場所:オーストラリア キャンベラ
天候:はれ
距離:32.35km(5周回)
結果:25位(エリート女子)
1位:KALENTIEVA Irina (ロシア) 1時間43分20秒
2位:BYBERG Lene (ノルウェー) +13秒
3位:KOERBER Willow(アメリカ) +52秒
25位:KATAYAMA Rie(日本) +10分16秒

DSC_6758.JPG

過去5回の出場時とは違う感覚で出発を迎えた2009年の世界選手権。毎年よりもトレーニングの手応えがあったので、「これでも走れなかったら、その後どうしたら良いのか分からない…」という不安がありました。出発日の若干早い遠征スケジュールと、時差のないオーストラリア開催という条件は最高。「このチャンスは絶対に逃してはいけない」そう心に誓って旅立ちました。

南半球はまだ冬。寒いとはいっても日が当たると心地よく、走りやすい気候でした。到着した土曜日は軽くサイクリングロードで脚を回し、翌日の日曜日にコーストレーニングへと出かけました。
テクニカルという情報は得ていたものの、そのコースに絶句。勾配のキツイのぼりがクネクネと続き、そのコーナーには大きな岩。XCコースでは見たことのないようなロックセクションの下りがあり、小さいとは言えどもジャンプも多数。全体的に土質が砂漠的なスリッピーな路面で、何もかもが不慣れで経験の少ない世界でした。地元のライダーに「日本とは全く違う…。」ともらすと、「2年もすれば慣れるよ。」と(苦笑)。泣いても笑ってもレースは1週間後の土曜日。とにかく、トレーニングあるのみ。試走で転んでしまった時や、飛ぶつもりで進入したのに怖くてブレーキをかけてしまった時には「また来年があるさ」と諦めそうな瞬間も正直あったのですが、「ここでベストを尽くせなかったら来年なんてないかもしれない」そう思いなおして前向きに気持ちを調整していきました。予定ではどこかで入れる予定だった休息日も返上して、毎日1〜2個ずつ、課題を決めてセクションを克服していきました。

いよいよ決戦日。いつもよりも時間をかけて、丁寧にウォーミングアップ。前日までは結構ナーバスになることが多いのですが、レース当日は「あとは野となれ山となれ〜」といった心境。深い呼吸を意識して、今あるものをすべて出し切ることに集中していました。
今年はワールドカップに1度も出ていないため、最後尾からのスタート。スタートループはなだらかなジープ道が続きます。前日にレースを行ったU23の選手が言っていたように、フルブレーキや落車が続いて集団は混乱気味。先頭の選手は風を受けているため速く走ろうとはしない一方、後ろの選手は少しでも前に割り込んで良い位置でシングルトラックに入るべく前輪を突っ込むので接触が多いのです。私自身は慎重になりすぎたうえに、ブレーキ後の踏み出しを繰り返して疲労し、かなり低い順位でシングルトラックの渋滞に入りました。テクニカルな部分はほとんど前が詰まって自転車を押している状態で1つ目のフィードゾーンへ。そこで知らされたビハインドは2分半…。まだ半周しか走っていないのに!結局1周目終了時の順位は42位。そこからはジープ道に出るたびに一つ前の集団に追いつき、シングルトラックに入る前にアタックをかけて前に出て…の繰り返しでした。後半になればなるほど追いつくべき選手のスピードが速いので体力的に辛かったのですが、妙に冷静な集中状態で痛みや苦しみをさほど感じず、追い続けることに夢中になれていました。結局リザルトを見ると脚が攣りかかっていたラスト2周のラップタイムが最も良く、最後まで集中して全てを出し切れた結果が、今回のトップから10分16秒、25位でした。トップから10分というひとつのステップ。ずっと願い続けていた目標に、やっと大きく近づきました。スタートの練習やウォーミングアップの再考、スキルの習得などの「課題」、別の表現をするならば「伸びしろ」はまだまだあります。やっとここまで来たんだから。1回限りのまぐれに終わらないように努力を重ね、世界の舞台で「レース」をしていきたいと思います。

使用機材
バイク:SPECIALIZED S-Works Era FSR 
タイヤ:FAST TRAK LK S-WORKS 2BLISS(2.0気圧)
ペダル:TIME ATAC XS TITAN CARBON
マッサージオイル:Sports Balm イエロー1、レッド1
アイウエア:SPECIALIZED ARC TERRA SMALL
アイウエア調整:メガネナカジマ
ニュートリション:パワージェル
コンディショニング:日本カイロプラクティックセンター大船 
テーピング:New-HALE
メカニックサポート:轍屋自転車店

2009年09月23日

充実の連休でした

ただいま〜。
連休、お天気が持って最高でした。

日曜日はセルフディスカバリー王滝120km。
5月に100kを経験しているのですが、プラス20kは長い!
辛かった分、達成と解放の感動が大きかったですね〜。
参加されたみなさん、お疲れ様でした!

火曜日はジャパンシリーズ@富士見パノラマリゾート。
正直このスケジュールでレースを組むのはどんな事になっちゃうの?!と想像がつかなかったけど、
こちらも優勝することができました。
世界戦の疲労の根っこが残っていて王滝で踏み切れなかったので、脚の消耗は予想より小さい。
でも林道を下り続けて背中がバキバキになっていて、富士見のレースでは下りが全然うまく下れませんでした。
そんな中、冷静に下りをこなして、登りは効率よくバイクを進めて。
ちょっと前の私では出来なかった落ち着いたレースができたと思います。

何事も経験してみると新たな発見や自信が生まれますね。

今回の富士見大会から、10年モデルの新しいERAに乗りましたよ!
基本的には去年のモデルと同じなのですが、カラーリングがかわいいのと、
スプロケが10段がついています。
今までセンターに落してたセクションをミドルで行けたから成長したかと思ったら、
軽いギアがついていたのね(笑)。
フロントの変速が減るのは楽ちんでした。

2009年09月27日

稲刈り

P9250494.JPG

週末は実家で稲刈りをお手伝いしてきました。
一日半だけしかできなかったけど、面白かった。
我が家の実家は自分の家が食べる分くらいのお米を作っている。
出荷とかしないから効率的な必要はなく、贅沢に無農薬&除草剤ゼロ。
夏の草引きは大変らしく、それでも収穫の頃にはまた草ぼーぼーになっていて、かなり手間がかかる。
私は手作業で収穫して、草をよけて、束ねて、干すところを担当。
なかなか思うように進まないけど、一日働いて、汗かいて、その後に食べる新米の甘いこと!!
生きてる〜って感じがして、超贅沢な時間の使い方をしたと思う。
うちの玄米は天下一品!とってもモチモチして味が深くて美味しい。
元気の源、収穫してきました。