aspotaトップ会員登録(無料)お気に入りアスリートに追加更新お知らせメールを受信サイトマップ

« 2010年02月 | メイン | 2010年04月 »

2010年03月 アーカイブ

2010年03月02日

Women's Tour of New Zealand

ただいま〜。昨日、ニュージーランドより帰国しました。
リザルトを見ながら毎日応援してくださった方、ありがとうございました。
TTとクリテリウムはさておき(苦笑)、ロードレースでは特に山では調子よく走れたので幸先よいシーズンインです。
本当は逃げられるくらいの脚とレース感もしくはゴールのスプリント力がないとポイント取れないしダメなんでしょうが。。。
欲張ればきりがないのがレースですね。
しっかり良い練習させてもらってきたので次につなげていきます。
結果や写真はこちらです。

そして、2日間休んだら明後日から沖縄でロード合宿です。
がんばれ、ワタシ。

2010年03月05日

沖縄合宿始りました〜

あちーです。
先月と全然違う。
日焼けがやばいです。

NZのレポート、書くつもりなんで、気長にまっててください・・・。
Webに出ていた写真の中から、私の映っているものをいつもお世話になっている日本カイロプラクティックセンター大船院長ブログでピックアップしてもらっています。
NZと沖縄合宿の合間にも治療してもらってきたので、頑張ってなんとかこの一週間を乗り切りたいと思います!

2010年03月07日

沖縄3日目終了

%E5%86%99%E7%9C%9F%20%288%29.jpg
自転車選手みたいな腕になってしまった!!
日焼け止めを塗っているのに、沖縄の日差しは強い。
・・・と昨日思ったけど、今日はお馴染みの(?!)暴風&じゃんじゃんぶりの雨。
2月の合宿もきつかったけど、3日目にしてみんな口をそろえて「今回のほうがキツイ!」を連呼するほどの充実した内容であります。
それにしても今日ははしゃぎすぎた。
妙なハイテンションでレースバリもしくはそれ以上の頑張りをしてしまい、練習後に発熱。
疲労なんだか風邪なんだかなんだかわからない体になってきました(たぶん原因は両方)。
後ろから迫るバイクの音はしばらくトラウマになりそう。
バイクの音が近づいてきて起こることは二つ。
ありがた〜い励ましのお言葉をいただきさらに追い込まれるか、
後ろから選手が迫ってきていて、もがきあいが始まるか。
あと2日。
多くのスタッフや仲間に支えられて走れる機会に感謝しつつ。
がんばるべー。

2010年03月08日

沖縄は今日も雨

%E5%86%99%E7%9C%9F%20%289%29.jpg

あと一日!
前の合宿もそうだったけど、初日に束で渡される朝食券の枚数が減っていくことで、
合宿の残り日数が少ないことを確認して嬉しくなる。
明日も雨らしいけど。
もーそんなことどうでもいーような心境です。
あしたも良い練習ができますように。

2010年03月09日

メイン練習終了

%E5%86%99%E7%9C%9F%20%2810%29.jpg

沖縄合宿の練習メニュー無事終了。
今日は必死で漕いでも時速が20kを下回りそうな暴風&雨のため、コースを大幅にショートカットして100k。
その分、女3人力を合わせてゴイゴイこぎましたよ。
息のあった良いメンバーで充実した合宿でした!
ここ3日雨続きで新車のアミラは砂と油にまみれて悲惨な姿になってましたが、
毎日鬼原メカさんのおかげでピカピカで動きもすこぶる良い状態になっていてありがたかったです。
雨の中バイクでずっと付きながら指導してくれた監督は寒かっただろうなぁ。。。
そして、マッサーさんがいなければ5日間のメニューを走れなかったはず。
2月から今まではロードを中心に強化してもらったので、これからはマウンテンに移行してロードでつけた基礎を活かしていきたいと思います。
明日、リカバリーライドをして帰宅です。
関東は雪が降ってるって本当??
心して帰りまーす。

2010年03月11日

ただいま。

神奈川へ帰ってきました。
合宿の様子はこんな感じで。。。
チャンアヤブログ
つばさちゃんブログ
・・・と。
ブログを書くことに関しても人頼りなワタシですが、人がいてこそできること、できる練習があるわけで。
楽しいメンバーと頼れるスタッフの皆さんに感謝なわけです。
私はUAEに行けないけど、男女ともまじでアジア選手権がんばってください!!!
負けないようにマウンテンの練習して、ワールドカップでベストリザルト出してきます。

充実した合宿だったので昨日はテンションが高く体が軽く感じたものだけど、
今朝やばい。
階段登るだけでも息切れします。
自転車なんて輪行解除だけでお腹いっぱい。
なんとか乗り換えの困難を乗り越え、大船までたどり着かねば。

2010年03月16日

ふってわいた楽しい平日

%E5%86%99%E7%9C%9F%20%2811%29.jpg
神奈川にいるんだけど、今日走らない?
由香里さんからそんな突然のお誘いを受けた月曜日の朝。
はいはーい、ってことで1時間半後にサイクリングロードで合流してトレイルライドしてきました。
平日にこんなに山を走れるだなんて幸せ。
ってか、MTB久しぶりで楽しい!!

%E5%86%99%E7%9C%9F%20%2812%29.jpg
いま○○のコンビニにいるんだけど、この先の道が良くわからなくって・・・
そんな突然の電話から30分強で駆けつけてくれた新谷選手。
陸上上がりの選手で、今年爆発予定ですのでみなさんよろしく!

結局夕方まで脚も口も良く回しました。
突然の楽しい一日をありがとうございました。

Wo's Tour of NZレースレポート

IMG_0070.JPG

Women's Tour of New Zealand
2010年2月24日~28日
ニュージーランド(ウエリントン、他)
総合89人出走

Stages & results
Date Location Distance Results
Stage 1 Feb 24 Martinborough - Masterton 95 km 10位
Stage 2 Feb 25 Masterton - Palmerston North 114 km 15位
Stage 3 Feb 26 Palmerston North circuit race 87 km 23位
Stage 4 Feb 26 Palmerston North ITT 11 km 29位
Stage 5 Feb 27 Palmerston North - Masterton 112 km 30位
Stage 6 Feb 28 City of Wellington criterium 35 km 37位

今年からロードの強化指定選手に選んでもらって、これが初めての派遣レースとなった。海外のロードステージレースには06年にプライベートチームとしてオーストラリアのレースに出場した経験があるのでこれで2回目。日本とは比べ物にならない集団の大きさと壮大なスケールのコース設定は走っていてかなり興奮する。こういったレースに出場する機会を与えてもらったことに感謝しつつ、また今回はナショナルチームなので下手な走りは出来ないという責任も感じつつ、ニュージーランドへと向かった。

ステージ1
なんとなく集団が落ち着かず、ブレーキが多くて走りにくい。無駄な脚を使わないためにも、危険を回避するためにも集団前方に位置取りしたい。登りに入る前には集団前方に位置して千切れないように、とスタート前にアドバイスをもらっていたので、コース中盤の細かい丘が始まった時には常に先頭のほうにいた。なかなか体が軽くて、周りの選手の呼吸が上がっている割に私は余裕がある。…と思ったら、山岳賞に向かう最後のキツイ登りで数名がアタック。じわじわ登るのは得意だけど、あの斜度の登りでのペースアップは今の私には出来ない…。走りに見とれていると、気がつかないうちに溜まっていた疲労に支配され、ずるずる後退。「どうせ下りで追いつくかな」と思ってそれなりの第2集団でピークを通過したが、この読みは危険だった。10人ぐらいの集団だったけど先頭交代がうまくいかず、第1集団が見えなくなっていく。判断ミスだ、と思ったけど、第1集団も統率がとれていなかったようで、しばらく行くと合流できた。結局追いついたから良かったけど、「登りであと少し、ほんの少しの我慢をするかしないかで、その後のレース展開が全く変わる」なんどもミーティングで監督に言われた言葉を身をもって経験でき、翌日からのレースに活かすことができた。20人くらいの集団になってからはアタックが続いた。「良くわからないけど何事も経験」と私もアタックしたけどみんな付いてくるし、無駄だったみたい。スプリント前になったら集団前方に上がるつもりで休んでいたら、ラスト1kの看板を見過ごしてしまった。後方から出来るだけ捲って10位でフィニッシュすることができた。ただ、少し余力を残しての10位だったので、明日からはもしかしたらより上位が狙えるのでは、と欲が出てきた。

ステージ2
チームメイトの萩原選手がレース序盤から良い逃げに乗った。最初はどうなるか不安だったけど、かなりの距離を逃げ続けたので、「このままゴールまで決まるのでは」と思った矢先に萩原選手が他選手に巻き込まれて落車。神様は無情だ…。逃げを追うメイン集団でゆっくり休んでいたので、レース最後の一番きつい坂を攻めた。2名くらいの選手が逃げていたので、「追いついてやる」くらいの気持ちで前に出たけど力足りず、結局は前を引いているだけ。それでもほぼ先頭で頂上までいけたお陰で下りでは前の2名も吸収して6名くらいの少人数な先頭集団になった。リーダージャージがいたので、「このまま逃げてくれたら嬉しいな」と甘い期待を抱いてみたけど、リーダーのチームメイトがおらず、いまいちペースが上がらない。一度は見えなくなった後続集団に追い付かれて振り出しに戻る。今日は31人のスプリント。昨日の反省を活かして前に出たけどすぐに被せられ、前輪が前の選手とはすって失速し、15位でゴール。前輪がはすった選手は2位だったようで、ビビらず踏み続けていればよい位置でゴールできたのかもしれない。スプリントは難しい。

ステージ3
今日は午後にタイムトライアルがある。ステージ1〜2を先頭集団でゴールしていたので今日は力を温存して集団ゴールすればよし、とのオーダーだった。序盤に山岳賞ポイントがあったのでペースが速かったけど、周回コースに入った時には風の影響もあってペースが落ち着き、淡々とゴールへ向かった。かなり大きな集団でのスプリントだったので落車が起きそうで怖い!前に出たのが早すぎたみたいで脚がもたず、どんどん前に被さってくる選手のスピードも伸びずにもどかしいまま23位でゴールした。

ステージ4
夕方スタートのタイムトライアル。距離は11キロと短いが、起伏(ポラールのデータによると、累計110mの登高)があって走り応えがある。かと言ってそんなに斜度がある訳ではないので、体格の良い海外選手ならブンブン踏んでいけそうなコースだ。ロードレースで疲れている上に、交通渋滞の影響でスタートが45分遅れたこともあって集中することに神経を使う。とにかくガマン、ガマン。無心の域まで達することができれば楽しいんだろうけどそこまで調子を上げられず、「こんなしんどいこと二度としないぞ!」と心のなかで叫びながらゴール。正直なところ、TTはもっと苦手だと思っていたので、このくらいの順位で終われてよかった。消極的な感想で恐縮ですが。。。

ステージ5
ここ二日のホテルのマットレスが柔らかくて眠りが浅い。さすがに4日目ともなると疲労を感じるが、みんなも一緒なので踏ん張るしかない。体というよりも、心のほうが疲れてきている。集団走行で気を使うからだろうか。集中、集中。今日のコースは序盤に登りがあり、後はひたすら平地が続く。山は小気味よく超えられて調子が良さそうに感じたが、その後の平地がむちゃくちゃ長かった。総合順位を上げるには、タイムトライアルで遅れてしまったタイム差を埋めるべく集団から逃げるしかない。アタック合戦では良いものに乗れるように頑張ってみたけど、もっと独走力がないと決まらない。なんとなく山岳がないとリズムがつかめないというか、走り方が難しくて、ずっと風上にいた。風の抵抗を受けるので疲れるのはわかっていたけど、うまく場所取りをできず、ずるずるとゴールまで進んだ。スプリント前に集団前方に上がるチャンスをつかめず、流れでゴールしてしまった。

ステージ6
1周600mのショートコースを1時間プラス3周で競うクリテリウム。場所はニュージーランドの首都ウエリントンの街中という絶好の盛り上がるロケーション。コーナーの連続で減速と加速を繰り返すので、集団の前方でコーナーにさしかからないと生き残りは厳しい。Uターンや90度ターンを集団で突っ込むのはかなり勇気とスキルが必要だ。ビビっているうちに、集団が縦長に伸びて先頭との距離が開いていく。追いあげようにも加速できるような直線がない。私はコーナーの立ち上がりでスピードに乗せるパワーが足りない。鍛えるべきポイントだ。気が付けば集団が中切れしていて、あっさり15分でレースを下ろされてしまった。まぁ、仕方がない。。。

今回のステージレースを通して、登りでは海外選手と互角に走れたのが良い自信になった。ロードレースをするためには、まだまだ鍛えるべきスキルや力が沢山あるし、マウンテンバイクのぺダリングに最も近い登りを、誰にも負けないくらいさらに強化したい。初めてロードレースに出た時は全く走れずに「どうせ違う競技だから…」といじけていたけど、そうやって言い訳をしていただけなら何も得られなかったと思う。もちろん「二兎を追うものは一兎も得ず」。軸足はぶらさない。今年もロードレースに出る機会が何度かあると思うけど、「やるからには謙虚に、真剣に」をモットーに取り組みさらに多くの力を得たい。

使用機材
バイク:SPECIALIZED S-Works Amira 
ペダル:TIME RXS CARBON
マッサージオイル:Sports Balm イエロー2、Ultra Balm
アイウエア:SPECIALIZED ARC TERRA SMALL
アイウエア調整:メガネナカジマ
ニュートリション:パワージェル
コンディショニング:日本カイロプラクティックセンター大船 
テーピング:New-HALE
メカニックサポート:轍屋自転車店

IMG_0097.JPG

2010年03月20日

久しぶりにロード。

今日は厚木のスキップさんの練習に参加させてもらいました。
イメージは乗れてるんだけど、体は???でつらかったっす。。。
いや、みんなが速いだけかー。
なんか、MTBとロードが頭ん中でこんがらがって、バランス悪く、ふらふらしてたかも。
後ろの人ごめんなさいね。
八王子から参加のカズとも一緒に走れて楽しかったよ〜。
なんか、去年よりもワイルドになってる空気を感じました。
タイ合宿効果?
今度はマウンテンでももがこうぜ。

あーあーロードはつらい。
明日と明後日はMTBです!
CA341165.JPG
写真はこの前のジムライド
いつも道理(?)ベタ褒めでいい気分になって帰ってきました。
ほぼそのために通ってる(笑)?!
いやいや、スキル練習です。

2010年03月23日

轍屋ツアー

P3220539.JPG
昨日は毎年恒例の轍屋ツアー!
良いお天気で、日曜日すごかった風もやみ、ちょうど良いツーリング日和でした。

P3220537.JPG
登り途中の展望台にて。
キャメルバックにはお楽しみの山頂用お昼ごはんと、まる一日山中にいても大丈夫な水分が1.5ℓとたっぷり。

P3220542.JPG
山頂での暖かいご飯は最高!!!
お湯は、この腰つきじゃないと注げませんか(笑)???

P3220544.JPG
休憩中に体が冷えてしまっては動きが硬くなり、午後からのDHが面白くない!
(だけでなく、転ぶ可能性が高くなるので危険です)
軽量・コンパクトなダウンベストで保温はバッチリ。

P3220553.JPG
親子でダウンヒル!
今回参加してくれた二人の小学生は大人も顔負けの健闘ぶりでした。
楽しく乗って、大きくなれよ〜。

P3220548.JPG
さすがのバランス感。
しもまつフィッターのDH。

参加下さったみなさん、協賛のスペシャライズド・ジャパン、ありがとうございました!!

2010年03月25日

今年のジャージ

WAVE ONEさんから今年のチャンピオンジャージが届きました。
まったく新しいデザイン!
今週末、相模湖で開催のフリーライドゲームスにてデビューです。
写真はその時に。
お楽しみにー!
(いきなりドロドロになりませんように。。。)

2010年03月27日

2010 Team SPECIALIZED Japan

%E5%86%99%E7%9C%9F%20%2813%29.jpg
相模湖プレジャーフォレストにて開催中のフリーライドゲームスにて、今年のSPECIALIZEDチームが顔合わせ。
2010バージョンはかなり若返りましたよ。
末っ子だった私が一気に長老に。。。
左からメカニックの池田さん、U23ライダーのケースケ、そして新しいチャンピオンジャージを着た私です。
心機一転。若いパワーを吸いつつ、楽しく強く走っていきたいです。
このメンバーでいよいよ開幕、なわけですが、私はおそらく第3戦富士見大会(5月30日)からの参戦になると思います。
というのも、4月中旬から5月末までヨーロッパでレース修行に行くことにしたからです。
なかなか敷居の高かった本場ヨーロッパでの転戦。
今までの自分を、全部試してきたいと思います!
富士見の3日前に帰国なので、体力的に生きてたら参戦します。
死んでたら・・・全日本@富士見(7月18日)が国内開幕戦になりますね。
その後の白馬(8月1日)、最終戦の瀬女(10月10日)は参戦予定です。
(富士見は王滝もあるので参加・不参加はグレーです)
詳しいレースカレンダーはコチラ
今年も生の観戦&応援よろしくお願いします!

%E5%86%99%E7%9C%9F%20%2814%29.jpg
せっかくなので、WANE ONEで作ってもらった新しいジャージの紹介をもう少し。
デザインかっこいいし、印刷の発色もいい感じでしょ??
生地の肌触りもパッドの具合もご機嫌で走れて、お昼にあったショートXC4位入賞でした。
あの短くて急な登りと、短い競技時間。
殺人級でした!!
でもブース間を通るレースは応援してもらえて楽しいですね。

%E5%86%99%E7%9C%9F%20%2815%29.jpg
後ろはこんな感じ〜。
WAVE ONEのデザイナーさん、デザインイメージを考えてくれたチームマネージャーのDJ、ありがとう!!

2010年03月30日

うだうだですな、今日は。

Twitter流行ってますね〜。
SPECIALIZED JAPANのつぶやきも始まったみたいなんでどうぞ!

日曜日は二人のパラメダリストさんと練習会でご一緒できてエネルギーもらいました。
大けがにもめげずいつも前向き石井雅史選手のブランクを感じさせない走り。
義足を見るまで本人と気が付かなかったほど(失礼しました!)、トレーニングによってムキムキになった藤田征樹選手。
スポーツのチカラ。人間の可能性。
うーん。
オリンピック憲章を読み返しながら何か言いたいんだけど、
書きたいことがまとまらないのは昨日モガイて頭がしろーくなったから??

その後、夜は久しぶりに代々木のヨーガクラスを受けてきました。
ここのクラスの雰囲気は自分に深く入りこめるから好き。
その時の自分の状態によって入ってくる言葉って違うけど、昨日は
「自分の体を愛してあげましょうね」という言葉に何故かえらく反応したワタシ。
そんなにいじめてるかしら??
シャヴァーサナのときも、頭がすごく活発な自分に気が付いた。

そして、寿司は旨く、人間はあたたかい。

そんなこんなで、うだうだですが、今日はこの辺で。