aspotaトップ会員登録(無料)お気に入りアスリートに追加更新お知らせメールを受信サイトマップ

« 2010年03月 | メイン | 2010年05月 »

2010年04月 アーカイブ

2010年04月01日

相模湖プレジャーフォレスト練習会

DSC06719.JPG

昨日は相模湖プレジャーフォレストの常設MTBコースにて練習会!
模擬ショートレース形式で楽しく追い込みました。
整備されたクローズドコースでの練習はXCレースに必要なスキルと脚が練習出来て開幕前の刺激にみんな満足の様子。
カズと一緒にまたここでプチ練習会を開いたりなんかして、関東レーサー達の定番トレーニングコースにしちゃいたい案で盛り上がり中です。
下りは気持ちいいのも気を使うのもあるし、登りは斜度のあるものから、ダッシュ系ダブルトラックまで。
要素がたっぷりで良い練習できますよ。

私の練習の内容の方は。
登りはだれでも我慢するものなので、平坦気味なダブルトラックでどれだけ加速して我慢できるかが今の位置からのランクアップになると心がけてトレーニングしているわけだけど、
後半になるとそれがもたず、頭と体が白旗ふってしまい。。。
ライバルの背中が小さく消えていってしまったのでした。
あー。精進いたします!

DSC06724.JPG
練習会をコーディネイトしてくれた新谷選手とナカザワさん、ありがとうございます!!
そして練習後の美味しい暖かい肉うどんを用意してくれたASTファミリー。
最高でした〜。
お腹いっぱいになったあとは、コースを整備して、さらにDHとジャンプで遊びながらテクを磨いて一日中相模湖プレジャーフォレストで遊んだのでありました。
ジャンプちょっとうまくなった!けどこわいぃぃぃー。

2010年04月03日

おもしろそう

ポラールのHPにこんな募集が。
やる気のある人はチェック。
締め切り間近です。

2010年04月04日

チャレンジサイクルロードレース@修善寺

優勝しました。
4周回のうち2周目前半で単独になったのでそのまま勝負!!
バイクからホワイトボードでタイム差を見せられるのってカッコイイと思ってて、
あれが夢だったのに今回は口頭でした。残念!
写真とレースレポートはまた後ほど。
コースサイドで名前を呼んで応援して下さったみなさん、ありがとうございました。

スポーツ報知のHPに記事が載っています!

JCFの速報にも写真がチラリ。

2010年04月05日

第35回チャレンジサイクルロードレース・レースレポート

P4040560.JPG

大会名:第35回チャレンジサイクルロードレース
主催:(財)日本自転車競技連盟  報知新聞社
日時:2010年4月4日(日) 14:00〜
場所:静岡県伊豆市 (財)日本サイクルスポーツセンター 5kmサーキット(5km×4周回・20km)
結果:A-F登録女子優勝(43人出走)
1位 片山 梨絵 神奈川 SPECIALIZED 38:57.58
2位 明珍 裕子 岐 阜 朝日大学 39:27.67
3位 井上 玲美 東 京 チームフォーカス 39:51.84
4位 森田 正美 神奈川 ブリヂストンアンカー 39:51.86
5位 星川恵利奈 香 川 香川看護専門学校 39:51.91
6位 西 加南子 千 葉 Luminaria 39:52.12

P4040542.JPG

いよいよ4月になり、2010シーズンの本格的な開幕だ。今年は最初の刺激・力試しとして、ロードレースをチョイスした。
今週は良い練習ができているので体がだるい。とはいえ、「なんとなく」走ってしまってはレースに来た甲斐がないし、練習にすらならない。帯同してもらったカイロプラクターのJoe先生の治療により、体の詰まっていたものが解消して気持ちも上向いてきた。たった4周20kmと短いレースなので、ロードというよりもマウンテンバイクのレースのようなきつめのウォーミングアップを済ませ、「どこかで仕掛けてレースを動かす」ことを目標に、スタートラインへ向かった。
1周目はコースと周りの選手の様子を伺うべく後ろの方にいたかったのだが、みんなも同じようなことを考えていたらしく、ブレーキをしないと前に出てしまうような状況。こういった駆け引きは苦手なので早くレースの流れを作りたい。一人の選手が逃げているが差は広がらず、集団は追う気配もない。登りで軽く踏んで周りの様子を伺うが、「この雰囲気なら後半で逃げられるかも」と感じた。2周目に入り、私はこの周最後の周回賞を取りに行きたかったので前を引いて逃げの選手を追う。が、誰も協調してくれずに一人集団から飛び出す形になってしまった。まだレースは序盤、といえども残された距離はたった15km弱。去年のレースで飛び出たものの弱気になって集団に戻ってしまい何度も失敗している。「今回こそは、いくしかない。」そう決意して踏み続け、声援を励みにそのままゴールまで逃げ切ることができた。下りの無駄なブレーキや登りで我慢しきれずギアを軽くしてしまうなど、自分の求める理想の走りとは程遠かったけど、とりあえず最後まで逃げ切れたことは自信になった。次のロードレース参戦は6月ごろ。それまでにもっと力強い走りができることをイメージしてレースと練習に集中したい。

P4040551.JPG
2位の明珍選手と。ゴール後。

使用機材
バイク:SPECIALIZED S-Works Amira 
ペダル:TIME RXS CARBON
マッサージオイル:Sports Balm イエロー2、Ultra Balm
アイウエア:SPECIALIZED ARC TERRA SMALL
アイウエア調整:メガネナカジマ
ニュートリション:パワージェル
データ:POLAR RS800CX BIKE
コンディショニング:日本カイロプラクティックセンター大船 
テーピング:New-HALE
メカニックサポート:轍屋自転車店

2010年04月06日

Go! Japan

練習でもがいてきた。
テーマはうちまー、頑張れうちまー。
鹿屋体育大学の内間選手。
合宿で一緒だった選手がタイでリーダージャージを着て走っている。
爽やかな顔して熱い走りで 。
そうゆうのって、すごく元気づけられますね。
結果はいかに?!
只今最終ステージ進行中です。

2010年04月08日

感謝。

%E5%86%99%E7%9C%9F%20%2816%29.jpg

昨日はメガネナカジマへ。
サングラスのフィッティングと遠征に持っていくレンズのチョイスをお願いしました。
いつもワガママなリクエストに高度な技術で応えてくれてありがとうございます。
右に並んでいるのはアイ・シー・ジャパンさんが特別に加工・準備してくれたレンズの数々。
スペシャライズドのサングラスには元々NXTレンズが入っています。
が、カラーバリエーションを他にも試してみたかったのでお願いしていたんです。
このNXTレンズ、視界の歪みが圧倒的に少なくて疲れない!
05年くらいから気に入ってずっと使用しているんですが、
SPECIALIZEDのフレームで左右のレンズが一体の一眼になってもう最強です。
かなりストレスフリーな視界です。
もともと入っているレンズでMTBもロードもだいたい適応できますが、
今回は特に暗い雨の日のためにクリアーレンズを入れてもらうことにしました。

%E5%86%99%E7%9C%9F%20%2817%29.jpg
雨の日といえば心配になるのがレンズの曇り。
何やら新しいイチオシの曇り止めがお店に入荷したようです。
遠征に持って行って使ってみます!

P4040538.JPG
話は変わって日曜日のチャレンジロード@修善寺の朝。
レース前はやっぱりコーヒーでしょ!
お湯を沸かしてジェットボイルの早い沸騰に興奮し、自転車の準備などそっちのけな私。
の後ろで黙々と作業するのは今回サポートで帯同してくれたJoeさん
エクステンダーの空気漏れが激しく大変だったみたいですが、
そんなことヒトゴト状態でお任せしちゃってすいませんね〜。
カラダもバイクもばっちり準備してもらったんで頑張れました!
感謝!

2010年04月11日

遠征準備、、、はいつもバタバタ

%E5%86%99%E7%9C%9F%20%2818%29.jpg

水曜日からのヨーロッパ遠征。
その間私の足元を支えてくれるシューズは、去年から愛用しているメレルで。
毎週レースというハードスケジュールなので、サドルから降りた時も常に快適で回復できる環境を整えていきます!
左側はスピリットチベットモック。
かかとを履きつぶせるタイプなので飛行機の中やホテルではスリッパ状にしてリラックス、
街中や空港を歩きまわるときは、しっかりかかとをホールドできる2wayタイプです。
そして右側はnewモデルのカメレオン アーク ミッド ベンチレーター ゴアテックス
去年愛用していたカメレオンⅡが超名作で、雨の日OK、歩いて疲れない、晴れの日もムレない。
遠征中もオフも自転車に乗ってるとき以外ほとんどずっと履いていたのでメレルのゴアテックスシューズは特にイチオシ。
ただ、同じだと面白くないのと、春先のヨーロッパは寒そうなので、足首までしっかりサポートしてくれるタイプを選びました。
三越アルコットの新宿店で履いてみたら、着脱もすごくスムーズだったので。

他にもメガネナカジマさんから調整済のグラスが届き、
WAVE−ONEさんからチャンピオンジャージデザインのストームジャケットが届き、
TIMEのペダルが届き、
ニューハレのテーピングが届き(怪我じゃないですよ、パフォーマンスUPのためのテーピング)、
いつもの治療@カイロプラクティックセンター大船にも行き、、、
と他にもたくさんのたくさんのサポートをいただいて、遠征準備を進めています!!
そして、むちゃむちゃ無理言ったオーダーに応えてくれてるスペシャライズド・ジャパン轍屋TKコラボによるERAの新しいポジションが完成すれば完璧!!
なのだが・・・。
いつも色んなものを届けてくれて大変感謝しているのですよ、宅配業者さん。
でも、このタイミングで、あの荷物をロストするのはナシでしょう。。。
さて、出発まで二日。
この先どうなる?!

アジア選手権

ロードとトラックのアジア選手権がUAEにて開催中。
ロンドンオリンピックの枠獲得の戦いが始まった。
女子ロードの結果が気になって朝からそわそわしてたんだけど、
連盟のHPに速報が出ていました。
結果だけ見ると、メダルに届かなかった。
灼熱と平地のUAEで厳しいレースだったんだろう。。。
お疲れさま、お疲れさまです。
TTもロードも金メダルは韓国。
アジアで強いのは中国だけじゃないんだな。
うーん。悔しい。
兎に角、戦いはまだ始まったばかりなのだ。

2010年04月12日

BG-FIT@轍屋自転車店

ただいま轍屋にてしもまつさんによるBG-FITを終えました。
年末年始くらいから「しっくり来ない。。。」と悩んで自分でステムを変えたりしてたんだけど、ついにその不調が頂点に。
昨シーズンは良いと思っていたポジションだけど、今年のオフトレとロード乗り込みの成果で上半身の筋力と角度が変わってきたみたい。
昨年のポジションで伏せてもがくと肩が押し戻され、背中と首のハリが尋常じゃないことになっていました。
このまま遠征に行って、日本のように定期的な身体のメンテナンスも出来ない環境でこれはヤバイ。。。
今までは操作性の良さを求めてライザーバーを使っていたけど、ハンドル位置を低くしたいのでS-Works PROWESS XC FLATに交換。
フラットバーなのにベントが深いので操作性GOOD。
ステムをいくつか付けて、しもまつさんと相談しながら選んでいく。
外から見た身体のポジションで良さそうなものを2つに絞ってもらい、あとは意見交換。
マウンテンバイクのポジションは、パワーと操作性と、コースの特色と、、、いろんな要因がありすぎて難しい。
それぞれのポジションのメリットとデメリットを話しながら整理してもらえるので納得して決断出来ました。
今乗っているロードバイク、アミラもしもまつさんFITで調子イイんで、これでMTB遠征も大丈夫!!
がんばるぞ〜。

2010年04月13日

成田

成田に到着。
明日朝の便で出発です。
これだけ多くの人に助けてもらって出発できるだなんて。
幸せ者すぎる。頑張らねば。
電話やメールでエールを送ってくださった友達に感謝。
久しぶりの一人遠征でワクワクとドキドキの出発前夜なのであります。
今週末から帰国の直前まで毎週レースの予定。
その間の練習は現地のコーチにおまかせする、私にとって初の試み。
成長して帰ってきます。

2010年04月15日

西移動は比較的楽だけど。

ヨーロッパのフライトは長い。
まずは機内誌で映画のチェック。
おっアバターやってる!本当は3Dで見たかったけどしょうがないかー。と見る気満々で離陸を待っていると、、、個人スクリーン無いじゃん(涙)。
共通のスクリーンでやってた「ALL aboutなんちゃら」(ヒーローの名前を忘れてしまった)というアメリカのコメディーをみて、一人で爆笑。
本人はヘッドホンつけてるから恥ずかしくないんだけど、きっと変な人だっただろうな。
飛行機の映画って、やたら笑えたり泣けたりするので好きなんです。
多少気圧が低くて頭の中がハイになってる?!

長時間のフライトを少しでも快適に過ごすために今までいろいろ工夫をしてきました。
まくら、座布団、ツボ押し、青竹・・・他にも今までに持ち込んだもの多数。
試行錯誤の末行き着いたのが、荷物は少なく!シンプルisベスト。
生き残ったフライト対策はテーピングとコンプレッションタイツのみでした。
これは車でも長時間の移動時は一緒。
まずはテーピング。
私はアトピー体質なのでかぶれやすいんだけど、ニューハレは何故か大丈夫。
粘着の質がいいんだろうなー。
1、 Vテープを腰に
2、 5mmテープを2本、首から肩にかけて「八の字」で
3、 75mmテープをオシリからハムストリングに沿って
以上3点。
とにかく、気になる筋肉に沿って伸縮テープをはると楽になります。

あとはコンプレッションウエア。
日本人の体型にあっているC3Fitを愛用。
タイツでもいいし、ひざ裏のムレが気になるときはハーフタイプとゲイターの組み合わせがお勧め。

以上フランクフルトの空港にて。
あのくるくる捻ったパン、大好物なんだけど、機内食完食してしまったのでガマンガマン。
トランジットが暇です。
しかもネット繋がらないし。
これは後でアップしました。
昨日の夜、無事到着してます。
これからバイク組み立てよ。

2010年04月17日

3日目

頭がぐあんぐあんします。
飲んでませんよ。時差ぼけ?

昨日から練習開始。
昨日は午前中にマウンテン、午後はロード。
今日は午前中マウンテンで、午後は買い出しや遠征準備。
一回の練習は短時間で、バリッと集中。そんな感じです。
ま、私はまだ時差ボケがとれないので軽い練習しかしていませんが。
バタバタと毎日が過ぎて行って、明日から遠征。
今年初のMTBレース。いってきます!

地味にツイッターも始めてみました。

舌足らずな私の代わりに、、、文章はプロにお任せ!
轍屋自転車店日記

2010年04月19日

スペイン

こちらにとうちゃくして中2日でスペインへ遠征。
土曜日のタイムトライアル(5k)は優勝!
日曜日はマーガの後ろを必死について走れるという、ワールドカップではあり得ない嬉しい環境でレースして、2分さの2位でした。
とりあえず出だしは上出来!!
時差ボケから早く脱出して、来週のワールドカップ、もっと集中して走りたいです。
なんだか欲の出ちゃうレースでした。

GP Massi Flix Categoria レースレポート

レース名:GP Massi Flix Categoria (UCI class-2)
日時:2010年4月17日~18日 10:00〜
場所:スペイン Flix (Tarragona)
結果:Élite femenina 2位
1、FULLANA,MARGARITA MASSI-ILLES BALEARS 01:30:09 min.
2、KATAYAMA,Rie SPECIALIZED 01:32:06 1:57 min.
3、VILLAR,Anna AYALA TEAM 01:37:17 7:08 min.
4、MAARIS,Meier PROSHOP TEAM 01:39:32 9:23 min.
5、MASCARRERAS,Cris CONOR-FORALLAC 01:40:50 10:41 min.

DSC_2209.JPG


フランスに到着して中2日。時差ボケも取れず、落ち着かないまま2日間のスペイン遠征へ出発した。お昼ごろ会場に到着して1周9kmのクロスカントリーコースと、5kmショートコースのタイムトライアルコースを1周ずつ試走。スーパードライで高低差は少ないハイスピードコース。何度かオーバーランしてしまったコーナーを頭の中で復習して、夕方からのタイムトライアルに出場した。訳も分からぬままスタートというのが本音で、とりあえず、頑張る。明日のクロカンで良い走りをするために、なるべくスムーズにいくことと、体に喝を入れるつもりで追い込んだ。スタート直前に降り出した雨の影響で岩の上がツルツルに滑って完全に脚をついて止まってしまう。しかしゴールしてみると、なんと10秒差の15分4秒で優勝。自分でもびっくりの結果で、翌日のクロスカントリーレースがわくわくしてきた。明日は、今日走らなかったマーガ(2008年の世界チャンピオン、去年はワールドカップ2勝)もエントリーしているとのこと。ワールドカップではスタート位置が違いすぎて一緒に走ることが出来ない選手と同じラインでスタートできる。少しでも一緒に走れるように、このチャンスを無駄にしないように、と集中しながら翌日に備えた。
朝からW-UPを兼ねてコースを1周した。昨日脚を付いてしまった岩の上を良く見て違うラインに変更する。いよいよスタート。1周目はスタートの混乱を避けるためにアスファルトと路面の良いダブルトラックが長く続く。マーガを先頭に、1列棒状になった集団の3番手で走行。良いスタートだ。シングルに入ると2番手の選手が微妙に遅れだしたのですかさずパスして、マーガの後ろで踏ん張った。要所要所の踏みが強くて苦しいけど、この位置で走れる幸せに比べれば我慢できる。想像を絶する走りをしている訳ではないけど、踏めるところは余すとこなく全部攻めている、そんな印象だった。2周目に入り、少し遅れてはなんとか追いつき、を繰り返すようになる。後ろから追いついてきた男子にも気を使うので集中しづらい。1周目よりも出てるパワーが小さくなっていることを自分でも感じてしまう。3周目に入り、マーガが見えなくなり、腰の痛みが気になりだした。月のリズムでこの時期は右腰の違和感が特に出やすく、それはある程度避けられない事なので言いわけには出来ない。ここで踏めるようにならなきゃ、ここで止めちゃったらヨーロッパまで来た意味ないよ、と思いながら上手く走れるポイントを探していた。この周回であっという間に1分半ついてしまった。小さな心のスキが大きな差になってしまう。疲労からか、ハンドリングの反応が鈍くなって、コーナー立ち上がりの踏みだしも遅い。くそーーーと思いながら最終ラップの4周目。男子選手を目標に踏ん張って、2位でゴールした。マーガから遅れること2分!悪くない。これからも毎週ヨーロッパでのレースが続く。この遠征に来ることが出来たこと、協力してくれる多くの人に感謝しながら、波に乗ってステップアップしていきたい。


使用機材
バイク:SPECIALIZED S-Works Era 
タイヤ:SPECIALIZED S-WORKS LK
ペダル: ATAC TITAN CARBON
マッサージオイル:Sports Balm イエロー2、Ultra Balm
アイウエア:SPECIALIZED ARC TERRA SMALL
アイウエア調整:メガネナカジマ
ニュートリション:パワージェル
データ:POLAR RS800CX BIKE
レースウエアー:WAVE-ONE
コンディショニング:日本カイロプラクティックセンター大船 
テーピング:New-HALE
メカニックサポート:轍屋自転車店

2010年04月25日

イギリスにて。午後の紅茶を飲みながら。

%E5%86%99%E7%9C%9F%20%2819%29.jpg

イギリスの伝統的な朝ごはん。
これにシリアルと、フルーツサラダ、ヨーグルト、トーストと、もちろんお茶も。
美味しい〜。
このスタイルは宿では定番だけど、一般家庭ではシリアルだけとか簡単な朝食をとっているそう。
ホームステイのような気分になる、かわいいB&Bに泊っています。
明日はレースの前だから消化の悪い豆やキノコ類はNG。
脂肪分の多いソーセージも消化に悪そうなんで、炭水化物メインで攻めてみます。
でも、卵は食事の腹もちが良くなるんでお勧め。

いよいよ明日がワールドカップ開幕戦です。
こっちに来て10日間。
慣れない練習が続いて正直疲れています。。。
ネガティブワードはレース前言わない、ってのも一理あるけど。
腹の中にためとくより、言っちゃった方が開き直れるし、言ってそのままショボイ走りしてるんじゃかっこ悪いじゃん、と思えるのであえて。。。
なんにせよ、開幕戦というのは毎年不安たっぷりなものなのです。
八幡浜で開幕のみんなも頑張って〜。

ツイッターで竜馬さんの言葉をつぶやいてるのがあって、昨日長風呂しながら読んでました。

「夢は、人間の進歩に通ずる窓なのだ」

う〜ん、いい言葉。
頑張るぞ!

ワールドカップ開幕戦ライブ中継。

日本時間で日曜日の18時45分にスタートします。
ライブ中継で応援お願いします!
http://freecaster.tv/live/mtb/1011042/uci-mtb-world-cup-xco-1-dalby-forest

スタートリストが出ました。
95人のエントリーで、コールは55番目です。
来週はもっと前でスタートできるように、明日がんばるぞ。

2010年04月27日

ワールドカップ第1戦レースレポート

レース名:UCI World Cup Cross-Country OLYMPIC #1
日時:2010年4月25日 10:45〜
場所:Dalby Forest, Yorkshire(イギリス)
結果:Women Elite 33位(95人出走)
1、 KALENTIEVA Irina (TOPEAK ERGON RACING TEAM) 1:54:57
2、 KOERBER Willow (SUBARU-GARY FISHER) +00:11
3、 NASH Katerina (LUNA PRO TEAM) +00:28
33、KATAYAMA Rie +09:01

P4250587.JPG

 いよいよワールドカップが開幕だ。というのに、私はこちらの生活とトレーニングに付いていくことに必死で、レースに集中しきれないままでいた。先週のスペインでのレースや日本でのトレーニングで自分が成長していることは実感している。毎週ヨーロッパの良いレースを回れる最高の環境も用意してもらった。なのにどこか歯車がかみ合わないもどかしさ。。。とはいえ、かなり疲労していた体もレース前日の午後には上向きになってきたので、とにかく今できることをやるしかない。
スタートダッシュ。びっくりするほど脚が重くて焦る。朝方少し雨が降ったので、グリップの良いタイヤを選んだせいもあるだろうが、スタートのアスファルトがこんなにも重く感じたのは初めてだ。多くのライダーがシングルトラックへ我先に入ろうとするので、混乱して急ブレーキや落車が絶えない。ブレーキをするたびに、鉛のような体と格闘してペダルを踏みなおす。スタートループは51位で通過。ペースは遅く感じるのに、ここぞという時にガツンと加速する身軽さとパワーがないのでポジションを上げられない。1周目は終始混乱していて、自分のリズムで走れず疲労ばかりが増していく。下りが非常に遅い選手が前にいたが、登りになると強烈に踏むのでなかなか抜かせずに苦戦した。2周目から4周目はどんどん追い上げていく展開。下りで前との差を少し詰めて、登りで抜かし、引き離すを繰り返す。体が重く集中できない自分がいたが、来週のスタート位置を上げるために、この苦しさに耐えるしかない。きっとみんな苦しいはず。いや、もっと前を走っている選手はもっと苦しんでいるんだから。。。4周目、長い登りで前方に5〜6人の集団が見える。彼女たちを抜かしたい、けど、ここら辺まで来ると力のある選手が多く、そう簡単には追いつけない。悔しい。結局最終ラップは順位の変動なく、そのままゴールを通過した。
疲れた時のハンドリングの反応も、踏むべき細かいチャンスを拾っていくこともまだまだ求めるようには出来ない。今年のマウンテンバイクレースはまだ始まったばかり。これからだ!今回ヨーロッパに来て、今まで描けなかった良いイメージ、希望がもてている。精神的に成長して、満足する結果を残してから日本に帰りたい。

使用機材
バイク:SPECIALIZED S-Works Era 
タイヤ:SPECIALIZED S-WORKS Captain
ペダル: ATAC TITAN CARBON
マッサージオイル:Sports Balm イエロー2、Ultra Balm
アイウエア:SPECIALIZED ARC TERRA SMALL
アイウエア調整:メガネナカジマ
ニュートリション:パワージェル
データ:POLAR RS800CX BIKE
レースウエアー:WAVE-ONE
コンディショニング:日本カイロプラクティックセンター大船 
テーピング:New-HALE
メカニックサポート:轍屋自転車店

2010年04月29日

ベルギー滞在中

%E5%86%99%E7%9C%9F%20%2820%29.jpg

写真はイギリスでリカバリーライド中のショット。
毎週違う国でレースがあるので、
スペイン→イギリス→ベルギー→フランス→イタリア→(スイスを経由して?)→ドイツ。
と6つの国を回ることができる。
しかも火山のお陰で全て車移動!
変わっていく景色、家の形、言葉、人柄などいろんなことを感じれて面白い。
レースが終わったらベルギーワッフル食べるぞ〜。