« スペイン | メイン | イギリスにて。午後の紅茶を飲みながら。 »

GP Massi Flix Categoria レースレポート

レース名:GP Massi Flix Categoria (UCI class-2)
日時:2010年4月17日~18日 10:00〜
場所:スペイン Flix (Tarragona)
結果:Élite femenina 2位
1、FULLANA,MARGARITA MASSI-ILLES BALEARS 01:30:09 min.
2、KATAYAMA,Rie SPECIALIZED 01:32:06 1:57 min.
3、VILLAR,Anna AYALA TEAM 01:37:17 7:08 min.
4、MAARIS,Meier PROSHOP TEAM 01:39:32 9:23 min.
5、MASCARRERAS,Cris CONOR-FORALLAC 01:40:50 10:41 min.

DSC_2209.JPG


フランスに到着して中2日。時差ボケも取れず、落ち着かないまま2日間のスペイン遠征へ出発した。お昼ごろ会場に到着して1周9kmのクロスカントリーコースと、5kmショートコースのタイムトライアルコースを1周ずつ試走。スーパードライで高低差は少ないハイスピードコース。何度かオーバーランしてしまったコーナーを頭の中で復習して、夕方からのタイムトライアルに出場した。訳も分からぬままスタートというのが本音で、とりあえず、頑張る。明日のクロカンで良い走りをするために、なるべくスムーズにいくことと、体に喝を入れるつもりで追い込んだ。スタート直前に降り出した雨の影響で岩の上がツルツルに滑って完全に脚をついて止まってしまう。しかしゴールしてみると、なんと10秒差の15分4秒で優勝。自分でもびっくりの結果で、翌日のクロスカントリーレースがわくわくしてきた。明日は、今日走らなかったマーガ(2008年の世界チャンピオン、去年はワールドカップ2勝)もエントリーしているとのこと。ワールドカップではスタート位置が違いすぎて一緒に走ることが出来ない選手と同じラインでスタートできる。少しでも一緒に走れるように、このチャンスを無駄にしないように、と集中しながら翌日に備えた。
朝からW-UPを兼ねてコースを1周した。昨日脚を付いてしまった岩の上を良く見て違うラインに変更する。いよいよスタート。1周目はスタートの混乱を避けるためにアスファルトと路面の良いダブルトラックが長く続く。マーガを先頭に、1列棒状になった集団の3番手で走行。良いスタートだ。シングルに入ると2番手の選手が微妙に遅れだしたのですかさずパスして、マーガの後ろで踏ん張った。要所要所の踏みが強くて苦しいけど、この位置で走れる幸せに比べれば我慢できる。想像を絶する走りをしている訳ではないけど、踏めるところは余すとこなく全部攻めている、そんな印象だった。2周目に入り、少し遅れてはなんとか追いつき、を繰り返すようになる。後ろから追いついてきた男子にも気を使うので集中しづらい。1周目よりも出てるパワーが小さくなっていることを自分でも感じてしまう。3周目に入り、マーガが見えなくなり、腰の痛みが気になりだした。月のリズムでこの時期は右腰の違和感が特に出やすく、それはある程度避けられない事なので言いわけには出来ない。ここで踏めるようにならなきゃ、ここで止めちゃったらヨーロッパまで来た意味ないよ、と思いながら上手く走れるポイントを探していた。この周回であっという間に1分半ついてしまった。小さな心のスキが大きな差になってしまう。疲労からか、ハンドリングの反応が鈍くなって、コーナー立ち上がりの踏みだしも遅い。くそーーーと思いながら最終ラップの4周目。男子選手を目標に踏ん張って、2位でゴールした。マーガから遅れること2分!悪くない。これからも毎週ヨーロッパでのレースが続く。この遠征に来ることが出来たこと、協力してくれる多くの人に感謝しながら、波に乗ってステップアップしていきたい。


使用機材
バイク:SPECIALIZED S-Works Era 
タイヤ:SPECIALIZED S-WORKS LK
ペダル: ATAC TITAN CARBON
マッサージオイル:Sports Balm イエロー2、Ultra Balm
アイウエア:SPECIALIZED ARC TERRA SMALL
アイウエア調整:メガネナカジマ
ニュートリション:パワージェル
データ:POLAR RS800CX BIKE
レースウエアー:WAVE-ONE
コンディショニング:日本カイロプラクティックセンター大船 
テーピング:New-HALE
メカニックサポート:轍屋自転車店