« 海老名メディカルサポートセンター | メイン | 第7回Mt.富士ヒルクライム »

J1富士見 レースレポート

レース名:ジャパンシリーズJ1 XCO#3 富士見パノラマ大会
日時:2010年5月30日 11:05〜
場所:長野県富士見町 富士見パノラマリゾート
結果:女子エリート優勝
1、片山 梨絵(SPECIALIZED) 1:34:24.20
2、中込 由香里(SY-Nak SPECIALIZED) +10:00.11
3、田近 郁美(GOD HILL) +13:02.80

0958.jpg

ヨーロッパ遠征から帰国した翌日、ジャパンシリーズの開催される長野へと向かった。中途半端に間があくともっと辛かっただろうけど、まだ遠征の続きといった感覚。海外で体験してきた走りを日本のみんなにも見てもらいたい。とはいえ時差や日本に帰国した安心感もあって頭がぼーっとしていて、そのまま「なんとなく」走ってしまって体が動かなかったらどうしよう、という不安があった。当たり前だけどレースは辛い。しっかり覚悟ができていないと走れない。海外とはちょっと違う緊張感でスタートを迎えた。
 号砲とともに周りの様子を伺う。中込選手が良いペースでスタートしたので、それに合わせる形でペダルを踏んでいく。しばらくして振り返ると集団から数メートル飛び出している形になっていた。下りは体が硬くてぎこちないけど仕方がないので焦らず丁寧にいく。1000メートルほどある標高のせいなのか、ただ疲労の蓄積なのかは分からないけど、息を吸っても背中が膨らまなくて息苦しい。2周目には男子エキスパートの集団に追い付いてしまった。声をかけてスマートに抜かしたいけど呼吸が辛くて声が出ない。後ろで休んでしまうたびに「自分って弱いなぁ」と次の課題を感じた。選手を抜かす行為は結構体力を使う。からこそ、実践的な良いトレーニングになる。また、今回のレースではマッドタイヤを履こうかとも迷ったけど、攻め気味の(グリップが少なく、滑るけどこぎの軽い)タイヤで走る練習をテーマにしていた。結果的には路面が予想以上に乾いたので攻め気味というよりもベストチョイスなタイヤになってしまったけど、常に自分にハードルを課しながら、上手く、速くを目指し続けたい。

1458.jpg

使用機材
バイク:SPECIALIZED S-Works Era 
タイヤ:SPECIALIZED S-WORKS F:キャプテン R:サウザーウィンド1.8
ペダル: ATAC TITAN CARBON
マッサージオイル:Sports Balm イエロー1
アイウエア:SPECIALIZED ARC TERRA SMALL
アイウエア調整:メガネナカジマ
ニュートリション:パワージェル
データ:POLAR RS800CX BIKE
レースウエアー:WAVE-ONE
コンディショニング:日本カイロプラクティックセンター大船 
テーピング:New-HALE
メカニックサポート:轍屋自転車店

4036.jpg
S-Works前回に引き続き男女W優勝でした!

写真:信州ふぉとふぉと館 ありがとうございます!