aspotaトップ会員登録(無料)お気に入りアスリートに追加更新お知らせメールを受信サイトマップ

« 2010年09月 | メイン | 2010年11月 »

2010年10月 アーカイブ

2010年10月02日

アジア選手権 レースレポート

_MG_9625-1.jpg

レース名:2010 Asian MTB Championships
日時:2010年9月29日 14:30〜
場所:韓国・チェチョン
距離:3 Laps - Distance: 18.9km
結果:Women Elite 2位
1 、REN Chengyuan( Chaina) 1:22:11
2 、KATAYAMA Rie(Japan) +03:14
3 、SHI Qinglan(China) +04:52
4 、CHOI Hye Kyeong(Korea)+06:22
5 、LIU Ying(China) +07:58
6 、NAKAGOME Yukari(Japan) +16:24
7 、GO Suk Mi(Korea) +17:22
8 、Nguyen Thanh Dam(Vietnam) +20:11
9 、LYOU Hyung Min(Korea) +25:12
10 、Mohd Radzi, Masziyaton(Malaysia) +29:05

_R8J9934-1.jpg

 スタートが上手く決まり、トップでシングルトラックに入っていく。が、思ったよりも体にキレがなく、中国人3選手に抜かされてしまった。ここでもっと踏ん張りたかった。コースの登りがきつく、どこまで自分をプッシュしていいのか自信をもてない弱さがあった。また、確実に良い順位でゴールしてポイントを獲らなければならない(ロンドン五輪出場枠獲得のポイントを稼ぐため)、ということが頭の片隅から離れず、優勝だけに貪欲になりきれなかった本音も否定できない。4番手で走っているうちに先頭のRen選手(中国)がじわじわ抜けだす。かなりダンシングを多用してプッシュしている。とにかく早い段階で2位まで上がらないと。じわじわ抜かそうとしても2位、3位の中国選手に幅寄せされて前に出させてくれない。コースを良く見て、道幅のある場所でスピード差をつけて一気に抜かす。乗車して登りきれるかどうかギリギリのテクニカルなアップダウンを繰り返し、第1フィードを2位で通過。トップとの差はすでに20秒。速い。ここから本格的なクライミングが始まる。つづら折れの先にRen選手が見える。心臓が張り裂けそうな急こう配のロングクライムを越え、一直線に山を下る。もっとテクニカルにしてくれた方がフルサスペンションバイクと経験では中国人選手にアドバンテージがあるのだが、ここのコースはとにかく真っすぐ落ちるだけ。下ったところで差は40秒。そして平坦基調でスタートラインへ戻ると差は35秒。ここで一気に差を詰めようと気合を入れる。と、滑りやすい登り返しでのミスが続いてしまった。第2フィードを通過すると、「最終ラップに入る前に渡してほしい」と頼んでいたレッドブルショットが出てきた。そうか、もう最終ラップか。ここのコースは1周が30分弱と長いため、たった3周でのレースだった。とにかく前を追う。先頭を走っている選手の足が激しいコースで痙攣するかもしれないし、河原の大きな砂利でパンクするかもしれない。レースが終わるまで、全力で、前へ。最終ラップは、男女合わせて誰も登れない急こう配の登り返し1か所以外は、全てミスせず乗車することができた。体力的にきつくても、バランスを崩しそうになっても、気持ちで負けて足を付くことだけはしたくなかった。ゴールゲートが見えた時、自分の2位が確定したとき、悔しくて涙が出た。Ren選手は強かった!ゴール後、お互いを称えあった。また11月、アジア大会で彼女とレースができる。強くなって、また挑もう。

_R8J0052-1.jpg


使用機材
バイク:SPECIALIZED S-Works Era 
タイヤ:SPECIALIZED S-WORKS F:LK R:サウザーウィンド1.8
ペダル: ATAC TITAN CARBON
マッサージオイル:Sports Balm イエロー1+ウルトラバルム
アイウエア:SPECIALIZED ARC TERRA SMALL
アイウエア調整:メガネナカジマ
ニュートリション:パワージェル
スポーツドリンク:Kentai SPORTS DRINK
データ:POLAR RS800CX BIKE
コンディショニング:日本カイロプラクティックセンター大船 
テーピング:New-HALE
メカニックサポート:轍屋自転車店

_R8J0045-1.jpg

アジア選手権写真

レポートに載せなかった写真もこちらにあります。

http://www.facebook.com/album.php?aid=44723&id=1680515365&l=c0e015c417

韓国チームのかたが、沢山撮影してくれました。
tai-kyuさん、ありがとうございます。

日本農業新聞9月18日

101002.jpg

9月18日の日本農業新聞10面に記事を掲載していただきました。
「遠征で地産地消」
遠征でいろんな国に行きますが、無理に日本食を食べず、その土地の食べ物を取り入れた方が体になじむ気がします。
もちろん日本では日本食が一番!
小さなころから食べていた父の栽培した無農薬野菜とお米で私の体はできています。

2010年10月05日

アジア選手権の様子

今回、MTBナショナルチームに初めてマッサーが帯同してくれました!
しかもいつも体のメンテナンスをお願いしているカイロプラクティックセンター大船のJoeさんです。
XCはコースが激しすぎて、試走でもかなり踏まなければならなかったので、その後に体を診てもらえるのはありがたかった。
DHはどうしても怪我がつきものなのですが、Joeさんの治療とニューハレテーピングでだいぶ助けられたのではないでしょうか?
Joeさんの治療を初めて受けた選手は、体の軸がバッチリでた状態を「不思議な感じ・・・」と表現する人が多かったですね。
MTBのナショナルチームも年々レベルアップしてきています。
選手は成績でそれに応えられるようにしていきたいですね。

Joeさんのブログには大会の様子が詳しくレポートされているのでぜひ見てみて下さい。

2010年10月07日

10月20日(水) ファンステでヨガ体験 募集中!

SC-285.JPG
(写真はサマーキャンプの朝ヨガ。今回は室内です)

10月20日(水) 片山梨絵選手とヨガ体験
美容や健康だけでなく、体幹も鍛えられるヨガ。
ライフスタイルにヨガを取り組まれている片山梨絵選手(スペシャライズド)に学び、一緒に体験してみませんか。

・自転車未経験の女性も大歓迎!
・スペシャライズドオリジナルグッズプレゼント

片山梨絵選手
全日本選手権7連覇、北京オリンピック日本代表などの実績をもつ、女子MTBクロスカントリーのトッププロ

実施概要

■開催日時 : 10月20日(水)19:00〜21:00
■URL : http://funsta.jp/events/node/679
■参加費用 : 2,000円
■参加定員 : 20名
■応募方法 :
メール(下記アドレス)のみで受付とさせていただきます。
件名を「ヨガ体験参加希望」としたうえで
①氏名
②住所
③年齢
④自転車歴
⑤Eメールアドレス
⑥当日の連絡先となる携帯番号

をご記入下さい。
申し込み多数の場合は先着順とさせていただきます。
参加案内は締切日後、メールにてご連絡いたします。

■申込締切 : 10月19日(火)
→セミナー当日のお申し込みは電話で受け付けます。(Tel03-6447-2720)
■応募あて先メールアドレス : event@funsta.jp

≪ファンライドステーション+ランステ≫
通勤サイクリストと神宮外苑ランナーの拠点、ファンライドステーション+ランステ(東京・青山)。
毎月、ビギナー対象からレベルアップトレーニングまで、さまざまな自転車セミナーも開催しています。
ホームページはこちら!http://funsta.jp/
場所はスペシャライズドコンセプトストアのすぐそばです。
SPECIALIZED JapanのHPにも詳細載ってます。

2010年10月11日

ジャパンシリーズ最終戦 瀬女大会 レースレポート

レース名:ジャパンシリーズJ1 XCO最終戦 瀬女大会
日時:2010年10月10日 11:05〜
場所:石川県 白山市 白山瀬女高原スキー場
結果:女子エリート優勝
1、片山 梨絵(SPECIALIZED) 1:35:36.82
2、矢沢 みつみ        +5:50.66
3、中込 由香里(SY-Nak SPECIALIZED) +6:40.69

SenaSpy-m.jpg

アジア選手権の帰国から約1週間、次は石川県でジャパンシリーズの最終戦が開催された。春のシーズンインから夏まではレースが終わってもそれほど引きずる疲労は感じなかったけど、世界選手権以降はそうはいかない。2月にニュージーランドで今シーズン初レースを走ってから、約8か月が経過しているのだ。アジア選の後も体と相談しながら回復最優先で、11月18日まで続くシーズンの充電をしていた。
 金曜日に現地入り。Tシャツで十分な陽気で秋晴れの一日だった。今年の瀬女のコースはシングルトラックが2か所も削られてさみしい感じがしたけど、久しぶりのマウンテンバイクを、2か所あるダウンヒルを楽しんで好感触で試走を終了。翌日は朝から雨だったが路面はまだ荒れておらず、ドライタイヤで十分グリップするコンディションだった。チームメイトの啓祐に前を引いてもらったお陰で下りのスピード感を確かめることができた。
 当日は大雨!朝からスポーツクラスのレースを走ったメカニックのEddy情報によると、路面はかなりぬかるんでスパイクタイヤが必要とのこと。自分自身の体調がレース仕様になっていないので路面抵抗の小さいドライタイヤで少しでも楽をしたい…と思っていたけど断念してノブのあるタイヤに交換してもらった。
 スタート。今回はダンシングの練習をしたかったので、なるべく要所要所でダンシングを入れていく。コンディションを今日に合わせられなかったので平地の踏みでは粘れないだろうから、下りとシングルのスムーズさを武器にしてレースをするのが今日の作戦。しかし、5分前にスタートしたエキスパートの選手に1周目から追い付いてしまってそれができなかったのでちょっと焦った(レース中にも関わらず道を譲ってくれた多くのライダーには感謝です)。結局後ろとのタイム差が聞きとれずにヒヤヒヤしながらの走りだったけど、その緊張感がちょうど良く、悪くないタイムでゴールできた。抵抗の大きいマッド路面でももっとトルクをかけて踏めるようになりたい、という課題を残しつつも、まずまず上出来のレースだった。雨の中、泥の中、応援・サポートありがとうございました!


使用機材
バイク:SPECIALIZED S-Works Era 
タイヤ:SPECIALIZED S-WORKS F:Purgatory R:Storm1.8
ペダル: ATAC TITAN CARBON
マッサージオイル:Sports Balm イエロー1、ウルトラバルム
アイウエア:SPECIALIZED ARC TERRA SMALL
アイウエア調整:メガネナカジマ
ニュートリション:パワージェル
データ:POLAR RS800CX BIKE
レースウエアー:WAVE-ONE
コンディショニング:日本カイロプラクティックセンター大船 
テーピング:New-HALE
メカニックサポート:轍屋自転車店

2010年10月18日

ただいま。

ロード合宿無事終了しました。
男子も一緒で充実した練習させてもらいました。
ありがとうございます。

宿泊先のかんぽの宿鴨川。
もうナショナルの定宿になっていて、料理長とは顔なじみ。
調理長の仕事っぷり、熱いです。
熱い仕事をする人にはパワーをもらえます。
あれだけ美味しい卵焼きを焼く技。
本当は遅番なのにリクエストに応えて最終日の朝に焼きに来てくれる人情。
真ん中にこっそり松茸の入っている心意気。
プロの卵焼きには、プロの走りで応えましょう!

しかし、しばらくロードバイクとあんパンは見たくないっす。
明日は山いこ〜!マウンテン♪

2010年10月21日

ファンライドステーションイベント・ヨガ体験

昨日はファンライドステーション+ランステのイベント「片山梨絵選手とヨガ体験」でした。
今回の参加者は女性のみでしたが、アットホームな雰囲気で、心地よい時間をみんなと共有することができました。
ありがとうございます。

ヨーガで大切なのは意識を内面に向けること。
普段の社会生活では意識が外に向きがちですが、時には自分の体と心にゆくり目を向けることで、大きな発見があったりするものです。
そういった中で獲得されていく体感覚の向上は自転車をこぐ時にも必ず活きてきます。
アーサナ(ポーズ)の中で心と体の柔軟性を伸ばしていくと、レースで大切なメンタルタフネスも備わります。

昨日の様子は来月発売のファンライド紙面に掲載され、同時に動画もUP予定です。
男性の方もどんどんトライしてみてください!

2010年10月25日

ジャパンカップサイクルロードレース・レースレポート

大会名:JAPAN CUP CYCLE ROAD RACEオープン女子
日時:2010年10月23日(土) 11:07〜
場所:宇都宮市森林公園周回コース(14.1km×3周)
結果:
1位 西加南子(LUMINARIA)        1h18'45"
2位 片山梨絵(SPECIALIZED)         +03"
3位 明珍裕子(朝日大学)           +07"
4位 森本朱美(スミタ・ラバネロ)       +10"
5位 星川恵利奈(湘南ベルマーレ・コムレイド) +12"
6位 森田正美(チームブリヂストン・アンカー) +19"

レースの1週間前から体調が優れなかった。1週間でどうコンディショニングをしていくかは選手の腕の見せどころとも言えるところで、細心の注意を払っているつもりだったが、予想よりも回復が悪く、レースの2日前からは全身の筋肉が痛く熱が出てしまった。レース前日からは食欲も低下して、当日の朝にはトドメの腹痛(脱水を引き起こすアレです・・・)。レースに出るか出ないかを悩むのも面倒だし、強い選手はどんな時も強い。こんくらい乗り越えやる、と思ってスタートラインに立った。
本当は最初からガンガン行きたかったけど、2周目からに予定を変更。登りでペースを上げるが、体に力が入らない。。。もがけなくても、地脚だけで独走に持ち込める位の圧倒的な力を身につけていたかったが、足りなかった。2周目ラストの鶴カンの登りで上野選手がペースをあげた時、両ふくらはぎが痙攣してしまった。誤魔化しながらなんとかやり過ごし、そのまま3周目の登りも先頭で登っていく。常にふくらはぎはヒクヒク。さて、どうしよう。なるべく登りのたびにペースを上げて、みんなが脚を使ってくれればラッキー、ダメならしょうがない、と思って走り続けた。これで勝てれば自分の脚力にかなり自信が持てたものだが、そう簡単にはいかず、最後の登りであっさりと西選手に刺されてしまった。コンディショニングもレース展開も全て合わせて「実力」。シーズンを通して疲れていることを痛感した。今シーズン最後で最大のレースであるアジア大会まで1ヶ月を切っている。驕らず焦らず怠けずに、しっかり調子をあげていく。
今回、応援にきてくれたみんなと勝利を喜べなかったのが非常に残念です。これに懲りずに引き続き応援よろしくお願いいたします!

使用機材
バイク:SPECIALIZED S-Works Amira 
ペダル:TIME アイクリック
マッサージオイル:Sports Balm イエロー1
アイウエア:SPECIALIZED ARC TERRA SMALL
アイウエア調整:メガネナカジマ
ニュートリション:パワージェル
データ:POLAR RS800CX BIKE
コンディショニング:日本カイロプラクティックセンター大船 
テーピング:New-HALE
メカニックサポート:轍屋自転車店

2010年10月29日

「シクロワイアード」インタビュー記事掲載のお知らせ

日本のスポーツサイクリング情報サイト、シクロワイアードにインタビュー記事を載せていただきました。

「私のレースはここにある」 女子XC界を切り拓く、片山梨絵の挑戦

インタビューは中尾さん、写真はHoshiさん。
ありがとうございます。

一人でも多くの方に読んでいただき、アドバイス、意見、共感、励ましなどいただけると嬉しいです。