« 東京新聞 「暴走自転車の恐怖」 | メイン | 関西クロス@北神戸 »

第16回全日本シクロクロス選手権大会レースレポート

レース名:第16回全日本シクロクロス選手権大会
日時:2010年12月12日 10:00〜
場所:滋賀県 野洲市 マイアミ浜
結果:女子エリート 2位
1、豊岡 英子(panasonic Ladies) 0:36:56
2、片山 梨絵(SPECIALIZED) +00:23
3、宮内 佐季子(CLUB viento) +02:50

IMG_0084.JPG

今年はオフトレを充実したものにするために、シクロクロスにチャレンジしてみることにした。「どうせやるならとことん楽しく、とことん本気に!」という性格な私は、早速全日本選手権にエントリー。準備できる期間が限られているとはいえ、マウンテンバイクのチャンピオンというプライドも多少は守るべく、休養明けの12月からはシクロクロス特有のランニングや、シケイン(障害物)越えの練習などをして、新しいチャレンジへの新鮮な刺激を利用してスムーズに11年シーズンのトレーニングを開始できた。
 レース前日に会場入りしてマイアミ名物砂浜のコースを試走。すぐに車輪が埋まって前に進まなくなってしまう。上手な人の走りを観察したり、経験の多い人のアドバイスを受けつつ、タイヤの空気圧やギアのチョイスを工夫して何度もトライ!徐々に上達していく感覚は10年以上続けているMTBでは感じにくいけど、新しい種目は目に見えて上達していくので面白い!土曜日開催の関西シクロクロスのレースを応援しながらスタートのイメージトレーニングをして、ワクワクしながら会場を後にした。
 レース当日の朝は寒い!!冬のスポーツであるシクロクロスは寒い中でいかに体を動かすか、という工夫も必要なのだろう。この日はクロスにしては暖かい日だったようだが、私には十分な寒さだった。スポーツバルムの一番寒い日用の3番を脚中にぬりたくってスタートを待つ。
1分前、、、30秒前、、、この緊張感が心地よい。号砲と共に、チャンピオン・豊岡選手の後ろという位置取りでアスファルトの直線区間を進む。右コーナーで砂地へ入る前に先頭に出る。ここまではイメージ道理!だが、早速砂に埋まってすぐに抜き返されてしまう。「豊岡選手と競り合ってほしい」という多くの期待に応えるべく、せっかく見せ場を作ったはずなのに、それは5mほどで終了してしまった(苦笑)。
そこから一番長い砂地セクションへ。さっさとバイクを降りてクレバーにランするベテラン豊岡選手と、意地でも乗ってクリアしたい私の差はどんどん開いていく。この後通過したピットでは、早速15秒のビハインドとの情報。途中、宮内選手と順番が入れ替わったりしつつも、トップから20秒差の2位でスタートループを終了。
そこから3周回は常に20秒前後の差を保ちながらレースが進行した。レースへの集中がプラスに働いて、思ったよりも体が動いたし、シケイン越えや砂浜もそれなりのまとまった形にしてクリアすることができた。
 もちろんレースへは自分のために出場するのだけど、少しは豊岡選手の存在も気になっていた。春にロードナショナルの合宿で一緒に汗を流し、ペダルを踏みあった仲。今年はシーズン中にレース活動を一時お休みするなど、彼女の不調が気になっていた。そして、連覇し続けているという境遇は私も一緒。体調がすぐれないときに、モチベーションも上がらないまま何となくレースを走って、そしてチャンピオンになってしまった時、自分に対して感じる虚しさと惨めさ。そんな気持ちを味わってほしくない、そのままモチベーションを落としてほしくない、と勝手ながら考えていた。今回は思ったよりも良い位置で私が走れたので、最短で10秒差という局面もあった。常にペダルから力を抜けば逆転もあり得るレース展開ができ、それはきっと彼女にとってプラスになったはず、と勝手に自己満足している。彼女のもつチャンピオンのプライドや人間性を間近で感じることができて、とてもパワーをもらった。これからの海外での彼女の走りを応援&期待しつつ、私もMTBの世界で日本が強くなるために上を目指していきたい!
ここ7年間フルサスペンションバイクにしか乗っていなかったので、バイク操作が機材任せになっている部分が多かったけど、シクロクロスは完全リジット。サスペンションとなるのは自分の体しかない。そういった技術的なトレーニングに加えて、MTBの1/3ほどの短い競技時間でもがくことが課題となるレース前半のスピードアップに繋がることも期待している。やはり全日本という格式あるレースを走るにあたっての準備は濃厚な時間で充実していた。この調子で、これからも幾つかのクロスレースを走りつつ、オフトレを進めていきたい。

IMG_0089.JPG

使用機材
バイク:SPECIALIZED TC Sports
ペダル: ATAC TITAN CARBON
マッサージオイル:Sports Balm レッド3
アイウエア:SPECIALIZED ARC TERRA SMALL
アイウエア調整:メガネナカジマ
ニュートリション:パワージェル
データ:POLAR RS800CX BIKE
コンディショニング:日本カイロプラクティックセンター大船 
テーピング:New-HALE
メカニックサポート:轍屋自転車店

IMG_0075.JPG