aspotaトップ会員登録(無料)お気に入りアスリートに追加更新お知らせメールを受信サイトマップ

« 2011年01月 | メイン | 2011年03月 »

2011年02月 アーカイブ

2011年02月01日

週末その1

IMGP0510.JPG
DVD「Life Cycles」きれいな絵で最高でした〜。

IMGP1025.jpg
Thomas Vanderhamナイスガイでした〜。
サイン貰っちゃったw

IMGP1026.jpg
相模湖プレジャーフォレストにて。

IMGP1020.jpg
Eddy feed me :))

2011年02月02日

11年バイク!

_MG_0915.jpg

詳しくはこちらで〜
http://www.offroad2london.com/TEAM-O2L/team-o2l_blog.html

2011年02月07日

一日校長先生。

P2071053.JPG
今日は西東京市立保谷第二小学校にて、一日校長先生でした。
まず3時間目は5年生のみんなと「自転車安全教室」。
自転車を乗っているときにヘルメットをかぶっている人!
の質問に手を挙げたのは1/3ほどの子供たち。
普段公道で目にする子供たちのヘルメット率よりも高い気がしたので優秀ですが、
児童幼児の保護責任者は子供が自転車に乗るときにヘルメットをかぶせることが交通ルールで決まっています。
そして、自転車に乗るときに頭を保護すべきなのはもちろん大人も同じ。
大人が子供たちの模範になるように、ヘルメットを着用してほしいですね。
今回はスペシャライズドから借りてきたヘルメットを着用しての安全講習でした。
子供たちはみんな元気いっぱい!
その元気に応えてもっと一緒に走りたかったけど、
時間が短くてやりたかった事の半分もできませんでした。
残念だったけど、これからも安全に自転車に乗ってね!

P2071065.JPG
4時間目は体育館に全校生徒のみんなに集まってもらい、
深山アナウンサーと私によるトークショー。
私が自転車と出会ったのは大学生のころ。
小学校のみんなはこれからいろんなコト、モノに出会う可能性をたくさん秘めています。
毎日のできごとと、隣にいる友達を大切にして、素敵な未来を作ってください。

P2071072.JPG
保谷第二小学校は校長先生を筆頭にとっても元気でたくさんのパワーをもらいました!


P2071073.JPG
20年ぶりの給食!
学校で作ってられるそうで、とてもおいしかったです。
ごちそうさまでした☆

よ〜くみると、私が着ているのは今年の新しいWAVE-ONEチャンピオンジャージ。
こちらの画像はまた後ほどちゃんと撮影してUPしまーす。

2011年02月08日

マルチビタミン&ミネラル

110208.jpg
もうそろそろ遠征ということで、いろいろモノを準備しているので随時紹介していこうかと思います。
今日はマルチビタミン&ミネラル。
普段は食事が基本でサプリメントは多用しすぎないようにしていますが、
遠征中はどうしてもバランスが偏ってしまうのでマルチビタミン&ミネラルを持っていきます。
今回のチョイスはトレーニングもしているゴールドジムブランドのもの。
プロテインやグルタミン、BACCは長く愛用していて品質を体感済み。
ただ、マルチビタミン&ミネラルは薬局でも安いものが売っているので、そういったものを使っていたこともありました。
が、安いもの、お得じゃないかも。

私も買ったことのある某有名メーカーのものは30日で1000円ほど。
ゴールドジムは30日で5000円と5倍。
これだけみると高価で手が出ませんが、一日当たりの成分を見てみると。。。
ビタミンCは薬局品の5倍。
ビタミンB1は40倍も入っていました。
値段当たりの成分を考えると、、、とオバチャン的計算をしてしまった夜でしたw。
セコイ計算を抜きにしても、サプリメントというのは多少は錠剤を固めるためやカプセルの成分が入ってしまうのは仕方がないので、
少ない粒数で多くの成分を摂取できるのは体にも優しそうです。

2011年02月11日

BENIX

110211.jpg
遠征持ち物紹介シリーズその2。
05年からでしょうか。選手を初めて間もないころからず〜っと愛用しているのがBENIXアンダーウエア。
腰部分を刺激して疲労蓄積を防止するというもの。
練習中はサイクリングパンツですが、それ以外の時間(=リカバリー中)は常に着用しています。
よく治療家さんに「腰痛くない?」と言われてしまう骨格ですが、腰痛に悩まされることなく走れているのはBENIXのおかげかもしれませんね。
着用していて腰部刺激の違和感はないし、素材も良いので履きやすくて愛用しています。

詳しいしくみはこちらに。。。

KIRAX Reflex Stimulator(反射運動刺激装置)の重要な
仕組みは、カナダのスポーツ医学を専門とするブラッサール
医師によって四肢切断者に起こりうる幻肢痛症を発症した患
者の治療の過程で発見されました。
その仕組みとは『人間の身体は、特定の部位に自然な圧力を
かけ刺激すると体幹から脳に通じる反射情報の流れが増加し、
その反射情報を継続的に交換させると、患者の疼痛の軽減に
有効な働きを示す』というものでした。
その仕組みに基づき、10年もの歳月をかけ、ケベック大学
と共同の臨床的な研究のもと開発されたのが、
KIRAX Reflex Stimulator(反射運動刺激装置)です。
チタン粉末を含んだ柔軟なウレタンで作られたKIRAXは、
体の中でも最も有効な関節部位、すなわち手首と腰に自然な
皮膚反射作用を刺激する圧力をかけ、
ニューロン(脳内神経細胞で入出力を持つ情報処理素子)に
直接働きかけます。
ニューロンはその刺激を受け、興奮性、抑制性の神経情報を
増幅させ、結果として様々な身体的能力の向上、疲労や疼痛
の軽減に作用するのです。
このシステムを日常生活(特にスポーツ時)にも活用してい
ただくために、BENIXが誕生しました。
KIRAXシステムの効果・効能を裏付けるために、アメリカの
スポーツ医学会議に臨床研究を依頼、その3年間の研究結果
が以下の通り実証されました。
【KIRAX装着時の効果】
 1 体力の増強
 2 無酸素および有酸素運動における耐久力の増強
 3 熱量生産の増加と疲労の軽減
 4 筋反応の向上
 5 反射速度の向上
 6 筋および関節外傷の予防

興味をもたれた方はおためしあれ〜。

雪だー!ローラーだー!

今日は轍屋ツーリングの予定だったんですが、雪のため中止。。。
残念〜。
山頂で食べる予定だったチョコレートはどうしようw。
明日、お店で残念会?壮行会?だそうです。
よろしくです!

2011年02月14日

ツーリングから壮行会へ

110212.jpg

11日に予定していた轍屋恒例「梨絵ちゃんツーリング」ですが。
今年は初の中止となってしまいました・・・。
ま、あの雪と雨でしたから。
自然の力には逆らえません。

そんなわけで、急きょ店舗スペースを使って持ち寄りパーティー壮行会を開催してくださいました。
出発を前に、ちょこっとお酒を頂き、楽しいリラックスタイムを味わわせてもらいました。
出発前ブルーもふきとぶぜ。
一人じゃないし。
たくさんの応援の言葉、プレゼント、料理、遠征費カンパ、ありがとうございました。

なんだかこっち(飲み会)の方が楽しいって意見も?!
いやいや、来年は走りましょう。
これからも、応援よろしくお願いします。

2011年02月18日

キプロス到着

110217.jpg


昨日の夜、キプロスに到着しました。
お天気はむちゃくちゃ良く、気温も思ったよりも高くて、レッグウォーマーなしで走っています。
今は夕飯を作っているところ。
鳥と野菜のオーブン焼きと塩パスタ。

おいおい写真や動画もアップできるように頑張ります〜。
今日CONTURでコースを撮影しましたが、天地が逆で使えませんでした。。。
明日は金曜日。またコース試走してきます。
日曜日はレースだ!!!

ごちそうさま〜。
写真追加しました。
おやすみ!

2011年02月19日

チャンピオンジャージ2011Ver.

DSC_6820.jpg

ただいま金曜日の夜。
あさってはキプロスのSunshin Cupで今シーズンの開幕です!
今シーズンを一緒に走る新しいチャンピオンジャージで記念撮影し 
てみました。
ジャージは去年に引き続きWAVE-ONEさんの作成です。ありがとうございます!

新しい…といっても基本デザインは変わらないのですが、スポンサーさんのロゴが追加されています。

SPECIALIZED
もちろんメインはSPECIALIZED。
今年もバイクはS-Works ERAでいきます。

POLAR
トレーニングの計画やフィードバックに欠かせないPOLARの心拍計。
ロードにはパワーセンサーも取り付けています。

じてんしゃの杜
宇都宮のバイクショップ。
店長池本さんは岡山大学の大先輩です。

OGK
今年から、サングラスを使わせてもらうことになりました!
レンズはNXTでクオリティ高いです。

DSC_6815.jpg

そして、パンツのバックに入っているのはOffroad to LondonのURL!

みなさんの応援を身にまとい、世界中で頑張ります!

写真:Shuhei Takenouchi

2011年02月20日

明日はSunshine Cup#1

明日はいよいよ今シーズンの開幕!
キプロスでUCIクラス1のレースです。
コースはテクニカル&ハイスピードで、面白いです。
雨が降ったらかなり怖いですね。。。
スタートは現地時間11時半。
日本との時差は−7時間です。
では、夕飯作らなくっちゃ!
応援お願いします。

2011年02月21日

掲載誌のお知らせ

BM23_cover1.jpg
CS11-3%E8%A1%A81%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88.jpg


いま発売中の以下3つの雑誌に登場しています。
チェックしてみてください〜。

≪バイシクルクラブ3月号≫
連載:片山梨絵の体幹ヨーガ

≪バイシクルマガジンVol23≫
インタビュー記事 
撮影が面白かったので、写真を見てみてください!

≪サイクルスポーツ3月号≫
118~121ページに轍屋店長CUBさんによる、ロンドン五輪への道を解説した記事が載っています。


今日は、SunshineCup。
O2Lページの速報にもあるように、6位でフィニッシュでした。
クラス1なので数字は悪くないですが、まだまだな走りだったのでこれから上がっていきます!
レポートはまた後日。
日本からの応援ありがとうございました。

SunshineCup#1レースレポート

レース名:Sunshine Cup#1(UCI Class-1)
場所:キプロス共和国 Larnaca
日時:2月20日11時31分〜
結果:6位(18ポイント獲得)
1、ANNIKA LANGVAD (EASTON ROCKETS:DEN) 1:45:39,463
2、BLAZA KLEMENCIC (FELT OTZTAL X-BIONIC:SLO) 1:50:46,232
3、KRISTINE NØRGAARD (HMTBK:DEN) 1:54:47,842
4、JANKA STEVKOVA (CK EPK DOHNANY:SVK) 1:56:47,322
5、ANNE TERPSTRA MPL (SPECIALIZED MTB TEAM:NED) 1:57:56,935
6、RIE KATAYAMA (SPECIALEZED:JPN) 1:57:57,366

DSC_6978.jpg

 去年は4月にスタートしたMTBシーズンだが、今年は2月。ロンドン五輪の出場枠を獲得するためのポイントチェースがもう始まっているが、日本はもうちょっとで枠獲得に届かない22位という位置。これを1回目の締め切りである今年の5月22日までに18位に上げることが今回の遠征の目的でありミッションだ。ヨーロッパおよび南アフリカのレースを転戦し、次日本に帰れるのは3ヵ月半後。このミッションに賛同してくれたのは、メインスポンサーはとして変わらずSPECIALIZED Japan。そしてサブスポンサーとしてポラール・エレクトロ・ジャパン、じてんしゃの杜、オージーケーカブトが加わってくれた。さらに、ここでは上げきらないほど多くのサプライヤーさん、Team Offroad to Londonメンバー(誰でも入れます!)。これら多くの人たちへの感謝をパワーと結果につなげなければ!
まず最初に訪れた国はキプロス共和国。トルコの下側、地中海に浮かぶ島。朝晩は冷え込むが、昼間は思ったよりも温暖ですごしやすい。日中のトレーニングは夏の装備で充分だった。土質は砂っぽくて、岩のごろごろしたシングルをジープ道でつなぐレイアウトだ(ホームページに動画がありますwww.offroad2london.com)。ヨーロッパのコースはテクニカルなうえに流れがあって面白い。またここで走れることが嬉しいと感じた。

DSC_6919.jpg

スタート。アスファルトのスタートループを反応良く飛び出した。風があるので2番手に下がってベストポジション。が、登りにさしかかった所であり得ない大失速をしてしまった。どんどん集団に飲まれていく。「悪夢だ」と思ったけど走る以外どうしようもなく、とにかくありったけの力でペダルを踏み込んだ。1周目は20番ぐらいを走っていただろうか。2周目でトップ10まで上がり、3周目の後半で一度は4位に上がる場面もあった。が、登りでアタックをかけられると体が反応できず、その差を埋めることができなかった。さらに最終ラップの最後の登りで両方の太ももが攣ってしまい、最後の最後で1人のライダーに刺されて6位でフィニッシュした。下りは去年よりも余裕があり、前との差を詰めることもできる。が、登りのパワーとスタートダッシュが去年のイメージまで上げきれていない。例年よりも短いオフシーズンの中でやるべきこともたくさんあり、まだレースに集中しきれていないのかもしれない。遠征が始まってしまえばあとはレースの毎日。このままの力で日本に帰る気はないので、これから気持ちも体もどんどん上げていきたい。

DSC_6945.jpg

バイク:SPECIALIZED S-Works Era 
タイヤ:SPECIALIZED S-WORKS サウザーウィンドF2.0 R1.8
ヘルメット:SPECIALIZED S-Works Prevail
アイウエア:OGK Kabuto REALIS(スモークフラッシュ)
データ:POLAR RS800CX BIKE
ペダル:TIME ATAC TITAN CARBON
ウエア:WAVE-ONE
マッサージオイル:Sports Balm イエロー1
ニュートリション:パワージェル
テーピング:New-HALE
コンディショニング:日本カイロプラクティックセンター大船・伊藤超短波 
サプリメント・トレーニング:ゴールドジム
メカニックサポート:轍屋自転車店
アイウエア調整:メガネナカジマ
遠征サポート:じてんしゃの杜

DSC_6879.jpg

写真:Shuhei Takenouchi

2011年02月26日

Sunshine Cup#2 HC-Stage Race Stage1 レースレポート

レース名:Sunshine Cup#2 HC-Stage Race Stage1
場所:キプロス共和国 Macheras Forest
日時:2月25日13時36分〜
結果:ステージ5位
1、ANNIKA LANGVAD (EASTON ROCKETS:DEN) 19:21.626
2、BLAZA KLEMENCIC (FELT OTZTAL X-BIONIC:SLO) 20:07.640
3、LENE BYBERG (SPECIALIZED FACTORY TEAM:NOR) 20:36.030
4、ELISABETH BRANDAU (CENTRAL HAIBIKE:GER) 20:42.275
5、RIE KATAYAMA (SPECIALEZED:JPN)21:01.214
6、ANNE TERPSTRA MPL (SPECIALIZED MTB TEAM:NED) 21:02.576

DSC_7189.jpg
写真:Shuhei Takenouchi

 開幕から3週間はキプロス共和国でレースが続く。第2戦はオークラスのステージレースだ。3日間の総合ランキングでUCIポイントがつくが、今遠征の中で最も高ポイントを稼げるチャンス。先週のレースで登りの力感が足りなかったので、練習中の動画を見ながらポジションを少し変更してレースに臨んだ。
 前日に試走をしたコースは砂地の先週とは異なる土質で日本風の黒土。シングルトラックはかなり道幅が狭く、コーナーがオフキャンバーになっている場所が多いので神経を使う。下りも斜度がきつい区間が長く、テクニカルなものだった。
 初日の今日はXCOレースで使う周回コースを1周するタイムトライアル。1分ごとに選手がスタートする。当日の朝に少し降った雨のおかげで、ちょうど路面が締まって走りやすいコンディションだ。W-UPのダッシュは先週よりも感触が良く、少し救われた気分だった。
 スタート。20分そこそこのレースだ。とにかく、常に全力で。前半ループのシングルトラックがリズムよく流れた。と、調子に乗っていると1か所オーバーペースで足をついてしまう。ジープ道に出てひたすら踏む。当たり前だけどTTはつらい。。。コースの1/3を終えたバックストレート(スタートライン付近を通過して、後半の山へ再び入る)でLene(SPECIALIZED FACTORY TEAM)と5秒差、と聞かされたので、良いタイムが出るチャンスだと思って気合を入れなおす。が、後半区間は路面がボコボコしている区間や斜度のきついのぼりが多く、結果パワーの差でタイム差を広げられてしまった。
 まだまだトルクが足りない。けど、先週のスタートダッシュの大失敗から考えれば、1周だけのタイムトライアルで5位は悪くない。本来はもっと上にいなければならないことも分かっているけど、先週よりコンディションが上がっていることを励みに、明日からのステージも頑張りたい。

動画はこちら:http://www.offroad2london.com/index.html

バイク:SPECIALIZED S-Works Era 
タイヤ:SPECIALIZED S-WORKS FAST TRACK LK
ヘルメット:SPECIALIZED S-Works Prevail
アイウエア:OGK Kabuto REALIS(スモークフラッシュ)
データ:POLAR RS800CX BIKE
ペダル:TIME ATAC TITAN CARBON
ウエア:WAVE-ONE
マッサージオイル:Sports Balm イエロー1
ニュートリション:パワージェル
テーピング:New-HALE
コンディショニング:日本カイロプラクティックセンター大船・伊藤超短波 
サプリメント・トレーニング:ゴールドジム
メカニックサポート:轍屋自転車店
アイウエア調整:メガネナカジマ
遠征サポート:じてんしゃの杜

2011年02月27日

St2

今日はpoint to pointのレース(34kmぐらいかな?)。
走ったことのないコースで、標高差グラフもなかったので全く未知の世界。
シングルトラックを延々と登り、クラクラになりながら岩の多いテクニカルなシングルトラックをガツンと下ってきました。
最後の最後に女子選手10名程度がコースをロストしてしまったので正式な順位はまだ判りません。
迷子になっている間に後ろから走ってきた選手とごちゃまぜになり、11位まで順位を落としてフィニッシュラインを通過しました。
気持ちを入れ替えて、明日は最終日のクロスカントリーです!!

レースレポートはまた後日アップします。
さすがに今日は疲れたぞ〜。
パソコンの光を見ると頭がクラクラします。。。
明日に向けて回復に専念します!

レポートよりも先に動画でコメントがアップされると思いますので、そちらもチェックしてくださいね。
www.offroad2london.com

2011年02月28日

Sunshine Cup#2 HC-Stage Race Stage2 レースレポート

レース名:Sunshine Cup#2 HC-Stage Race Stage2(Point-to-point Cross Country)
場所:キプロス共和国 Macheras Forest
日時:2月26日11時00分〜
結果:7位
1、ANNIKA LANGVAD (EASTON ROCKETS:DEN) 2:04:15.148
2、LENE BYBERG (SPECIALIZED FACTORY TEAM:NOR)2:08:18.262
3、ELISABETH BRANDAU (CENTRAL HAIBIKE:GER)2:10:12.943
4、BLAZA KLEMENCIC (FELT OTZTAL X-BIONIC:SLO) 2:10:17.649
5、ANJA GRADL (GERMAN NATIONAL TEAM)2:11:12.370
6、SILKE SCHMIDT (GERMAN NATIONAL TEAM)2:13:02.351
7、RIE KATAYAMA (SPECIALEZED:JPN)2:14:02.472
8、ANNE TERPSTRA (MPL SPECIALIZED MTB TEAM:NED)2:14:23.856

 ステージ2はPoint to Pointレース。ワンウェイのロングコースだ。試走はしていないのでぶっつけ本番。ケープエピックや王滝など100kほどのワンウェイは走ったことがあるけど、長距離レースはスピードが落ち付いているのでなんとかなる。今回は2時間ちょっとの、クロスカントリーとほぼ変わらない競技時間(=攻めのペース)を試走なしで走るということで、不安な半面、楽しみでもあった。
 街中の教会の前がスタート。しばらく車の先導でパレード走行し、レースが始まった。最初はアスファルトののぼりが続く。みんな位置取りに必死で殺気立っていたけど、ペースはとても落ち着いていた。ちょうど去年の今頃はニュージーランドでロードレースをしていたな、なんて思いながら集団中ほどで流れを見つつ、オフロードに入る前に前方の良い位置まで上がっていくことができた。ジープ道を登りながらだんだん集団が小さくなっていく。続いてハイスピードな下りが続いた。コーナーの角度や路面状況(砂利の深さなど)が分からないのでブレーキが多くなってしまう。コーナーを抜けるたびに微妙に開く差を埋めるのに脚をつかい、次第に少しずつ先頭集団との差が開いていってしまった。しばらくして後ろからドイツナショナルのジャージが迫ってきた。一緒に行こうと思ったけどペースを合わせることができず、単独で後退してしまった。シープ道が終わると、シングルトラックを登っていく。標高差グラフも見ていなかったのでどのくらい登るかも不明なままペダルを踏み続けた。これが延々と続き、かなり苦しかったが、時折見えるドイツナショナルジャージを励みに登っていく。山頂のフィードゾーンを通過して次はロングダウンヒル。こちらもシングルトラックで岩がごつごつしており、比較的テクニカルなコースだ。元気ならかなり楽しいコースだろうが、ここまで登るのに腕力もかなり使っているのでフラフラして怖かった。下りながら折り返しでもう一人のドイツナショナルが後ろから迫っているのに気がつく。再びジープ道に出た時の登りを彼女は軽快に登っていき少し差をあけられてしまう。最後の力を振り絞ってゴールを目指しているときに、、、コースロストをした選手たちがどんどん引き返してきて混乱したが、オーガナイザーの配慮によりリザルトはそれなりの形に修正され、ほぼ正しいものとなった。後ろの選手とのタイム差に関しては疑問があったけど(ステージレースは総合のタイム差を競うので)、明日負けなければそれでよし!

動画はこちら:http://www.offroad2london.com/index.html

バイク:SPECIALIZED S-Works Era 
タイヤ:SPECIALIZED S-WORKS FAST TRACK LK
ヘルメット:SPECIALIZED S-Works Prevail
アイウエア:OGK Kabuto REALIS(スモークフラッシュ)
データ:POLAR RS800CX BIKE
ペダル:TIME ATAC TITAN CARBON
ウエア:WAVE-ONE
マッサージオイル:Sports Balm イエロー1
ニュートリション:パワージェル
テーピング:New-HALE
コンディショニング:日本カイロプラクティックセンター大船・伊藤超短波 
サプリメント・トレーニング:ゴールドジム
メカニックサポート:轍屋自転車店
アイウエア調整:メガネナカジマ
遠征サポート:じてんしゃの杜

Sunshine Cup#2 HC-Stage Race Stage3 レースレポート

レース名:Sunshine Cup#2 HC-Stage Race Stage3(XCO)
場所:キプロス共和国 Macheras Forest
日時:2月27日9時50分〜
結果:6位 
総合:5位(UCIポイント:110ポイント)

DSC_7408.jpg
写真:Shuhei Takenouchi

 最終日はクロスカントリー。初日のTTで使用したコースを4周+スタートループを1周だ。昨日の疲れはあるけどそれはみんな同じ。普段のXCOレースと同じイメージでレースに臨んだ。
 スタートがきれいに決まって先頭でコースに入っていく。しばらくして今日の優勝者KLEMENCIC選手が一人抜け出す形になった。1回は先頭集団から離れそうになったけどなんとか踏みなおして追いつき、その頃には1位の選手が吸収されていて3位でバックストレートを通過!シングルや登りを含む5分ほどの小ループを越えて、3位のままスタートループを終え1周目へ入った。スタートが出遅れるのがいつものことだったので初めての快心の出来に集中力も高まる。が、体はいっぱいいっぱいで、どんどん順位が下がっていった。総合ランキングで私の23秒後に位置するTERPSTRA選手に抜かされた時はヤバイと思ったが、その時は苦しくてどうしようもならなかった。しばらくしてペースを取り戻し、6位の位置まで戻る。しばらくすると前2名の選手の背中が見えた。この状態で2周目、3周目を走り、ファイナルラップへ。ここで前の選手がペースアップしたが、それに合わせることはできなかった。最後は引き離される結果となったけど、体の感覚は悪くなく、気持ちよく出し切ってレースを終えることができた。
 ステージ総合ランキングは5位。私の中で最低目標としていた100ポイントはクリアーした。来週もクラス1のレースがここキプロスである。しっかり休んで、来週に備えたい。

動画はこちら:http://www.offroad2london.com/index.html

DSC_7430.jpg
写真:Shuhei Takenouchi

バイク:SPECIALIZED S-Works Era 
タイヤ:SPECIALIZED S-WORKS Renegade
ヘルメット:SPECIALIZED S-Works Prevail
アイウエア:OGK Kabuto REALIS(スモークフラッシュ)
データ:POLAR RS800CX BIKE
ペダル:TIME ATAC TITAN CARBON
ウエア:WAVE-ONE
マッサージオイル:Sports Balm イエロー1
ニュートリション:パワージェル
テーピング:New-HALE
コンディショニング:日本カイロプラクティックセンター大船・伊藤超短波 
サプリメント・トレーニング:ゴールドジム
メカニックサポート:轍屋自転車店
アイウエア調整:メガネナカジマ
遠征サポート:じてんしゃの杜