« マルチビタミン&ミネラル | メイン | 雪だー!ローラーだー! »

BENIX

110211.jpg
遠征持ち物紹介シリーズその2。
05年からでしょうか。選手を初めて間もないころからず〜っと愛用しているのがBENIXアンダーウエア。
腰部分を刺激して疲労蓄積を防止するというもの。
練習中はサイクリングパンツですが、それ以外の時間(=リカバリー中)は常に着用しています。
よく治療家さんに「腰痛くない?」と言われてしまう骨格ですが、腰痛に悩まされることなく走れているのはBENIXのおかげかもしれませんね。
着用していて腰部刺激の違和感はないし、素材も良いので履きやすくて愛用しています。

詳しいしくみはこちらに。。。

KIRAX Reflex Stimulator(反射運動刺激装置)の重要な
仕組みは、カナダのスポーツ医学を専門とするブラッサール
医師によって四肢切断者に起こりうる幻肢痛症を発症した患
者の治療の過程で発見されました。
その仕組みとは『人間の身体は、特定の部位に自然な圧力を
かけ刺激すると体幹から脳に通じる反射情報の流れが増加し、
その反射情報を継続的に交換させると、患者の疼痛の軽減に
有効な働きを示す』というものでした。
その仕組みに基づき、10年もの歳月をかけ、ケベック大学
と共同の臨床的な研究のもと開発されたのが、
KIRAX Reflex Stimulator(反射運動刺激装置)です。
チタン粉末を含んだ柔軟なウレタンで作られたKIRAXは、
体の中でも最も有効な関節部位、すなわち手首と腰に自然な
皮膚反射作用を刺激する圧力をかけ、
ニューロン(脳内神経細胞で入出力を持つ情報処理素子)に
直接働きかけます。
ニューロンはその刺激を受け、興奮性、抑制性の神経情報を
増幅させ、結果として様々な身体的能力の向上、疲労や疼痛
の軽減に作用するのです。
このシステムを日常生活(特にスポーツ時)にも活用してい
ただくために、BENIXが誕生しました。
KIRAXシステムの効果・効能を裏付けるために、アメリカの
スポーツ医学会議に臨床研究を依頼、その3年間の研究結果
が以下の通り実証されました。
【KIRAX装着時の効果】
 1 体力の増強
 2 無酸素および有酸素運動における耐久力の増強
 3 熱量生産の増加と疲労の軽減
 4 筋反応の向上
 5 反射速度の向上
 6 筋および関節外傷の予防

興味をもたれた方はおためしあれ〜。