aspotaトップ会員登録(無料)お気に入りアスリートに追加更新お知らせメールを受信サイトマップ

« 2011年08月 | メイン | 2011年10月 »

2011年09月 アーカイブ

2011年09月01日

チームリレー

DSC03186.JPG

チームリレー、走ってきました。
各国男子エリート、男子U23、男子Jr、女子の4人でチームを組み、XCOコースを一人一周ずつ走ります。
出走順はそれぞれのチームの戦略で決めます。
日本は1走エリート幸平。スタートの混乱を上手く抜け、競り合いの中でベストタイムを出してもらいます。
2走はJrトキ。スピードのある選手なのでパックから離れずに帰ってくる幸平の後を引き継いでもらいます。
3走が女子の私。一番女子が多いのがこの3走。ガチ勝負、、、と行きたいところですが。。。
そしてアンカーはU23タクちゃん。男子エリートが多く走るので厳しい区間ですが、何とかこらえて、ってことで。

DSC03188.JPG

ふらふらの全日本以来久しぶりのレース。ローラー台でのW-UPも久しぶり。
徐々に心拍を上げていき、普通にW-UPをこなせたことが本当に嬉しかったです。
レースの方はいつものように走っているつもりなのに、えらい遅かったです!
ハンドリングもかなりやばいことになっていて2クラッシュ。
今まで普通だと思っていたことでも、出来なくなるとそのありがたみが分かるというか。
頑張ってたのね、ワタシの体。
労わってあげられずにごめんなさい、って感じです。
土曜日のXCOも開き直って、精一杯走ります。
やれることをやるのみな日々なのです。

2011年09月03日

明日は世界選手権@スイス

最後の試走を終えて、のんびりと宿で過ごしています。
ナショナルチームのマッサージがありがたい。
2004年から4年間チームマッサーとしてお世話になったビンちゃんのマッサージを久しぶりに受けて癒されています。 

ここシャンペリーはただでさえかなりテクニカルなコースなんですが、木曜日からちょっとお湿りな上に選手が走るたびに木の根の皮がむけたり、土がほれて岩や木の根がさらに露出してヤバいことになっています。
どの選手も苦戦しているようで、レース前日にも関わらずセクションごとにラインを吟味する選手で渋滞ができているような状況でした。
トップ選手もシングルトラックを一つずつ反復して慎重にラインを確認しているようです。
迫力あるジャンプセクションやテクニカルセクションがあるのですが、
選手の安全にも配慮してくれていてけが人が数人出たドロップの底のコーナーをゆるくしてくれたり、
滑りやすい木の根に切り込みを入れてグリップを増す工夫をしてくれていたり、
常にコースに手を入れてくれています。
この手入れはあくまでテクニカルさを減らすわけではなく、選手の大怪我を防ぐような加工です。
ここまで難しく、そして細かく配慮してくれるコースも珍しいんじゃないでしょうか?
観客も、選手も、両方大切にされていることが伝わってきて嬉しいですね。
やりがい大アリです。

名物になっている?ジャンプセクションですが、月曜日と火曜日は勇気が出ず飛べませんでしたが、水曜日に攻略!
飛んだの人生初です。
リレーでもレースペースで飛べたんですが、
今日は離陸地点がぬかるんでいたせいか、あらぬ方向に飛び出してかなり焦った。
それでも転ばなかったんで、たぶんレースでは大丈夫でしょう?!

日本時間で土曜日の20時半出走です。
スタートループ+6周回の予定。
ベストを尽くします。

2011年09月10日

StumpjumperのBG-Fit@轍屋

世界でのレースシーズンが終わり、残すところジャパンシリーズ2つとなりました。
9月18日富士見大会、10月9日瀬女大会、ともに参加予定です。
次の富士見大会で使うバイクはこちら!

%E5%86%99%E7%9C%9F.JPG

S-Works Stumpjumper!26インチです。
昨日、轍屋にてBG-Fitしてもらってきました。
自分でポジションをいじりつつもなんとなく違和感があったので診てもらいましたが、
客観的に外から見て数ミリサドルをいじってもらうだけで脚がすっと回せるようになるので不思議です。
ステムも可変ステムでいろんなポジションに合わせ、動かしながらポジションの違いを体感できるので、お勉強になりました。

2004年から今までひたすらフルサスバイクを乗り続けてきました。
中でもピカイチに体とのフィット感を感じられるのが今のっているSPECIALIZED S-WORKS ERA。
女性用のフルサスバイクです。
このバイクに乗り始めてから、多少操作を失敗してもサスペンションが助けてくれてリカバリーしてくれるので転倒リスクが少なく、転倒しないので思い切ってスピードにのせられるのでバイクはますます安定して、、、と好循環。
こうして下りが楽しくなり、スピード感を体になじませることもできるようになりました。
登りもとにかくスピードさえ乗せとけばあとはバイクが乗り上げてくれるので楽。

これだけベタボレのフルサスバイクからなぜリジットに?というと。
バイク任せになっていた自分のスキルを再確認&ブラッシュアップするためが一番。
それと、競技時間が短くなったため、衝撃に耐えるべき時間も短くなったわけで、
リジットバイクで疲労を感じずに1時間半走りきることができるならば、
フルサスより軽量化が可能なリジットバイクをレース投入するのもアリなのではないかと思ったからです。
競技時間の短縮&近づく五輪で世界の走りは常にフルガス!ますますパワーアップしています。

さてさてリジットバイクとどのくらいお友達になれるか?
は富士見でのお楽しみです。

世界選手権レポート

結果を書いてなかったですね。
28位でした!
レポートはこちらにアップしています。
http://www.offroad2london.com/race-report.html

今回は8回目の世界選手権でした。2004年から・・・
52位、40位、34位、45位、39位、25位、24位、28位。
初めて20番台に入った2009年に手ごたえを感じていままで走っているわけですが、
もうそろそろ次のステージに立ちたいところです。
継続は力なり。

とりあえず、今年のコースをしっかり走れたことには満足しています。
応援ありがとうございました。

2011年09月11日

第70回!!八方が原ヒルクライム

110911.JPG
じてんしゃの杜」恒例のイベント、八方が原ヒルクライムに参加させてもらってきました。
なんと第70回目の開催。
去年の6月に初めて参加したのですが、今年は去年と比べて登坂能力がどう変化しているのか?楽しみに会場へ向かいました。
同じコースで、同じ気合い(やっぱり記録会としてスタッフが計測してくれるので自己練TTとは違います)でタイムを定期的に比べるのは貴重な機会です。
13.5km、900mアップのタイムは46分21秒。
8秒の更新でした。
途中30秒後にスタートした選手と良い感じでバトルできたので、ペースを保ちやすかったです。
最後にスパートをかけて逆転を狙いましたが彼の記録には4秒届かず!
競い合う楽しさとパワーの相乗効果を純粋に楽しんだ一日でした。
結果去年出した女子歴代記録を更新できてやったー。
新記録賞の賞金までいただきました。ありがとうございます。
男子記録は39分44秒。女子は上の記録。
挑戦者は宇都宮へ!!

当初は今大会が今年最後の予定だったそうですが、
ゴール直後から「次はいつですか??」との要望が結構あったらしく、
次回の開催は10月30日(日)だそうです。
自分の成長記録に、定期的な参加が楽しそうです。

参加者のみなさん、お疲れ様でした。
また一緒に楽しみましょう。

110911.jpg
リザルトのページから参加者の方は写真を見られるようになっています。
至れり尽くせり!
ありがとうございます。

2011年09月13日

誕生日でした。

今日は福島にいちゃんと松吉監督と私の誕生日です(笑)。
午前中はヨーガに行ってリラックス。
心新たに新しい年齢を駆け抜けますか!

ヨーガの後はSPECIALIZEDのオフィスにちょこっと顔を出し、
メカニックEddyさんにランチをごちそうになっちゃいました。
いつも何から何までありがとう、おとうちゃん。
(世界戦で部屋が一緒だった某選手もそうですが、女子選手のメカニックはなぜか「おとうちゃん」的存在になってしまう)

さらにそのあとは中野島のメガネナカジマさんに行ってきました。
1109132.JPG
誕生日プレゼントに新しいアフター用サングラスをプレゼントしていただきました。
ありがとうございます!!
いろいろ試しながら一緒に選んでもらうのが楽しかったな。

1109131.JPG
そして今年沢山のレースを一緒に走ったOGKのレース用サングラスのメンテナンスをしていただきました。
機材に疎い私は、「なんか、しっくりこないっす」としか分からず、助けを求めて訪問。
診ていただいた結果、
*レンズと顔の位置が遠すぎる
*レンズの角度
が疲れやすい原因らしく、ノーズパッドとフレームの微調整をしてもらいました。

MTBレースはレンズの曇りが大敵なので顔からレンズの距離を取りたくなりがちですが、
それは視界をゆがませる原因にもなるのだとか。
いまさらですが、へ〜なのでした。
バイクにしても、用品にしても、分からない事はプロに相談、ですね。

南武線 中野島駅すぐ
メガネナカジマ

2011年09月14日

大船へ

夏の間野辺山のSY-Nakキャビンに逃げていたので、ここ最近の暑さですら厳しいです。
今日は自走でカイロプラクティックセンター大船へ。
のんびり流して1時間半ほどなので苦ではなかったけど、マジで踏んだらきついだろうな、この暑さ!
週末の富士見はどうなんだろ?
標高が高く、日差しがきついので日焼け対策必須ですね。
かなり早いですが明日から会場入りしてリジットバイクのトレーニングします!

2011年09月16日

週末はジャパンシリーズ富士見大会

DSC00331.JPG

昨日から富士見パノラマリゾートに入ってトレーニングしています。
新しいリジットはかなり軽くて登りでクイクイ進み、下りは素直なハンドリングが良い感じです。
あとはレースペースで走った時に登りで滑らないか?体が疲れた時に下りの衝撃をどう感じるか?日曜日に実験ですね。
昨日は会場でアトランタ代表カナコおねーさまと試走。
いろいろアドバイスありがとうございます。

DSC00340.JPG
その後は夏に長期合宿していた野辺山SY-Nakキャビンへ「ただいま〜」と帰宅(?!)。
アテネ代表ユカリおねーさまの手料理の後、なんとバースディも祝っていただきました。
感激!
そして夜は露天風呂で恒例の?長話なのでした。

2011年09月17日

富士見

110917.JPG
今日のランチは富士見パノラマのレストランでサーモン。
一日限定20食だそうです。
美味しかった。

明日は10時50分スタートの5周回です。
SY-Nakキャビンで酸素カプセル入って、Joeさんのカイロを受けて、手料理ディナーを食べて、準備万端です!

2011年09月20日

富士見大会とスタンプジャンパー

スタンプジャンパー26インチ+轍屋BG-Fitのバイクでジャパンシリーズ富士見大会走ってきました。
ハードテイルでレースをするのは8年ぶり?
短期間でしたがだいぶ乗り慣れることができて、バイクのチェックしてきました。

一言で言うと、シンプルなバイクは反応が素直で扱いやすいです。
ハンドリングが軽いだけでなく、ペダリングもダイレクト感があって、芝の登りがすいすい進む。
ただ、ゲレンデ下の後半部分など木の根や岩を乗り越える登りはERAのフルサスが恋しかったです。
今までリアサスに頼っていた体の動きをよびさまさねばですね。
また、マッドコンディションの時のバイク操作(特にブレーキをかけた時のバランスかな?)のコツをつかみきれていなくて、かなり転びまくったり思うラインに乗れずにかっこ悪かったです(苦笑)。
ハードテイルと言えどもチューブレスタイヤを使えば衝撃はある程度吸収するし後輪は乗り超えだけ意識しとけば気にならないんだけど、
気になるのは前輪の安定性。
なんでだろう??
と悩んでいるとコンセプトストア店員&エリートライダーの鈴木選手からアドバイス。
フルサスは前後がバランスよく沈むから重心位置を取りやすいけど、
ハードテイルは前のサスペンションのみ沈むから、今までの乗り方だと重心が前につんのめりがちになるそうです。
なるほど。
重心の前後修正がよりシビアになるのがフルサスからハードテイルに乗り換えるときのポイントみたい。
もしフルサスに乗るとしてもそこの部分は強化したいスキルなので、冬の間にこのバイクで修業します!

P1060561.JPG

男子エリートはチームメイトのケンが優勝でSPECIALIZEDがW優勝!
冷静なレースでした。
メカニックのShu&ソワニエJoeさんと。

2011年09月24日

タナトレ

110924.JPG

ナカザワジムのみんなとタナトレ行ってきました。
レース中だと力技になりがちなので、体を緩めて楽しくスキルアップ!
ありがとうございました!

また、今日はNHKワールドの取材の最終日でした。
6日間+α、しっかり取材をしていただいた超大作です。
放送日はまた連絡します。
ってか、基本的に海外での放送なんですが。
こちらもありがとうございました!

2011年09月25日

明日発売

110925.JPG
今日から入手している人もちらほらいらっしゃるようですが、明日が発売日だそうです。
竹谷さんのトレーニング本。
向上を目指すサイクリストの為のノウハウが幅広く網羅されています。
サイン本第一号いただきました〜。
明日は発売を記念して、トーク&サイン会があるそうです。
その模様はシクロチャンネルのUstreamで中継されるそうです。
きっと本の内容も紹介されるので興味のある人はチェック!
9/26 19:00-元MTB全日本チャンピオンの竹谷氏トークライブ