aspotaトップサイトマップ

« 富士見 | メイン | タナトレ »

富士見大会とスタンプジャンパー

スタンプジャンパー26インチ+轍屋BG-Fitのバイクでジャパンシリーズ富士見大会走ってきました。
ハードテイルでレースをするのは8年ぶり?
短期間でしたがだいぶ乗り慣れることができて、バイクのチェックしてきました。

一言で言うと、シンプルなバイクは反応が素直で扱いやすいです。
ハンドリングが軽いだけでなく、ペダリングもダイレクト感があって、芝の登りがすいすい進む。
ただ、ゲレンデ下の後半部分など木の根や岩を乗り越える登りはERAのフルサスが恋しかったです。
今までリアサスに頼っていた体の動きをよびさまさねばですね。
また、マッドコンディションの時のバイク操作(特にブレーキをかけた時のバランスかな?)のコツをつかみきれていなくて、かなり転びまくったり思うラインに乗れずにかっこ悪かったです(苦笑)。
ハードテイルと言えどもチューブレスタイヤを使えば衝撃はある程度吸収するし後輪は乗り超えだけ意識しとけば気にならないんだけど、
気になるのは前輪の安定性。
なんでだろう??
と悩んでいるとコンセプトストア店員&エリートライダーの鈴木選手からアドバイス。
フルサスは前後がバランスよく沈むから重心位置を取りやすいけど、
ハードテイルは前のサスペンションのみ沈むから、今までの乗り方だと重心が前につんのめりがちになるそうです。
なるほど。
重心の前後修正がよりシビアになるのがフルサスからハードテイルに乗り換えるときのポイントみたい。
もしフルサスに乗るとしてもそこの部分は強化したいスキルなので、冬の間にこのバイクで修業します!

P1060561.JPG

男子エリートはチームメイトのケンが優勝でSPECIALIZEDがW優勝!
冷静なレースでした。
メカニックのShu&ソワニエJoeさんと。