aspotaトップ会員登録(無料)お気に入りアスリートに追加更新お知らせメールを受信サイトマップ

« 2012年05月 | メイン | 2012年07月 »

2012年06月 アーカイブ

2012年06月04日

9連覇しました。ありがとう。

昨日は富士見パノラマにて、全日本選手権が開催されました。
9連覇。応援、本当にありがとうございました。
今年も多くのストーリー、感動が生まれた選手権。
やっぱり一年の中で特別な一日ですね。
出場した選手の繰り広げたドラマ。うれし涙、悔し涙。
もしかしたらスタートラインに立つ前に悔し涙を流した人も・・・?
MTBファン(選手、観客含め)の一年の想いが色とりどりの華となって富士見パノラマに打ち上げられたのでした。
いやー楽しかった!
今回も轍屋関係、スペシャライズド関係ほか多方面から沢山の応援を頂いたのですが、
SPECIALThanksな方が3名。
まずこの2年間、O2Lの活動をがっちり支えてくれた水戸部さん。
スタートまで気が付かないようーにサプライズで一番登りのきついゲレンデに応援フラッグを立ててくれました。
嬉しかった。
そして速読コンサルタントの呉真由美さん。
この全日本選手権で私が今の力を十分発揮できるよう、レース前日から当日、レース中までレッスンを通じてパワーを送ってくれました。
また、春の海外遠征に帯同してくれた若草マッサージ治療院の柳谷さん。
帰り際に興奮気味に言ってくれた「楽しかったです!」がMTBerにとって、何よりものほめ言葉です。

他にもありがとうを言いたい人は沢山います。
いつものチームスタッフに一番大きいありがとうを言いたいのはもちろんのこと、
あ〜いろんな人に会ったけどバタバタしちゃって、もっとしゃべりたかったなー。

そして、今日、MTB男子のロンドン五輪選手発表がありましたね。
幸平のコメントもだーいぶ頼もしくなって、ノリノリな空気を感じる!
うーまぶしいぜ。
何かが起こりそうな、そんなワクワクがありませんか??
私はそんな気がする!
いつもどうりのびのびと、力を想いを爆発させてほしい。
Go! JAPAN!!!

2012年06月14日

San Diego

120613.JPG
食べかけですいません。
先週からアメリカに来ています。
しばらくレースはお休みしてこちらで死んだフリ・・・ではなく、トレーニングに励みます。
リフレッシュして帰ります!
レースはお休み、と言いつつ、週末は・・・ま、サイクリスト病はきっと一生治りません。

2012年06月20日

California State Championship 50マイルレース

DSC00148.JPG

カリフォルニア州・BIG BEAR LAKEにて開催された50マイルレースに出てきました。
マラソンレースに出るのはいつぶりだろう〜??
2009年の王滝以来かもしれませんね。
スタートはゆっくり公道スタート。
徐々に脚順に集団が配列して、ジープ道をひたすら登る。
脚の様子を確かめながらペースを落ちつけて、なるべくきつい斜度の登りでは踏まず、ゆるいところでペースをキープするように脚を回して久々の長丁場に備えました。

まずはジープ道の下り。
今までは苦手なパートだったけど、29erのおかげか安定感とスピード感があって楽しい!

ご機嫌でシングルトラックへ!
ちょうど3人パックの真中を走っていて、先頭の人が絶妙なペースを作ってくれて、
ガレ場をクリアーすると後ろの人が「Good Job!」とか言ってくれて。
コースは適度にテクニカルで最高!
トレイン状態でむちゃくちゃ長くて砂やガレ場のあるシングルトラックを走っていました。

ワンウェイ50マイルで、標高差もろくに下調べしていないのでこの先何が起こるのか全く分からない(苦笑)。

途中5か所もエイドステーションがあったので西瓜を食べたり、冷たい水を補給したりしながら冒険は続く。

またまた長ーいシングルトラック!どこまで続くの〜って感じで笑いが止まらない。
なんだか調子良いみたいで、2名の選手に追いついて再びジープ道へ。

この時点で35マイル。
ということは56km。
王滝を過去2回出た時も50キロ過ぎが一番きつかった!
あの時はロングの練習をよくしていたのでそのあと持ち直したけど、
今はXCOの練習しかしていないので全然復活しなくてきちーーー。
35マイルから40マイルのあたりが永遠と登りで、日向で、お昼過ぎの熱い時間で。
脚に力入らないし、2000mほどの標高があるせいか鼻血まで出てもう地獄でした。
登りの途中で会ったオフィシャルっぽい人に「頂上まであとどのくらい?」と聞いた時に、
「わからないけど半分は来ているよ」と言われた時の絶望感と言ったら!!
もう無理、って思いました(笑)。

山頂のエイドステーションでふらふらになって水を飲みながら「まだ登るの??」と聞いたら、
「DH」と「All the way!」の単語が聞き取れたので「いえーいDH!!All the waaaay!」とご機嫌でシングルトラックを下って下って、4時間15分でゴールでした。

DSC00163.JPG

ほんと、楽しかった!
MTBの発祥の地、アメリカ。
そして私が始めて一人で遠征へ行ったのもアメリカ。
また来ることができて良かったです。
MTBingの楽しさ、醍醐味を体いっぱい吸収した週末でした。

DSC00154.JPG
もう疲れきった顔ですが。
レースの後にはタコス付き。
美味しかったです。

2012年06月21日

美味しい!

DSC00137.JPG

トレーニング後にはいつもゴールドジムのホエイプロテインを飲んでいるのですが、
今は新しい味「ヨーグルト風味」にはまっています。
水で飲むならこれが一番美味しいんじゃないかな?
自宅でミキサーがあるときは豆乳、バナナとゴールドジムのプロテインでシェイクを作るのですが、
あまーい気分の時はチョコレート味、ちょっとさっぱり目に行きたいときはバニラをチョイスしています。

プロテインはトレーニング後のリカバリーのほか、かなり疲労しているときは寝る前やマッサージの後も筋肉を修復するために飲んでいます。

2012年06月23日

Gold's GYM

120622.JPG
サンディエゴについてもう2週間も経過しました!早すぎて自分でもびっくり。
サンディエゴに来る楽しみの一つに、いつも使っているゴールドジムの本場アメリカの施設を使ってみることがありました。
上の写真がGOLS’S GYMのSan Diego Sports Arena, CA。
最初は使い方が分からなくておどおどしていましたが、みんなすごく気軽〜に利用しているようです。
まずびっくりしたのがロッカールームに鍵がない?!
プールで泳ぐ人など荷物がある人は自分で南京錠のような鍵を持ってきてロックできるのですが、
大概の人はトレーニングウエアのまま来て、車のカギだけフロント横の棚に置いてトレーニングしてそのまま帰っている模様。

1206222.JPG
私が一番お気に入りのエリアがこちら。
写真だとちょっと分かりにくいかもしれないけど、ここオープンエアーなのです。
屋根がない。
外にマシンやらケトルベルやらが置いてあって、太陽の光を浴びながら、風を感じながらトレーニングできるのです。
気候のよいカリフォルニアならではの様式で、すっごく気持ちいい。

本場アメリカのゴールドジムはムキムキな人ばかりかと思っていましたが、
すごーくカジュアルな感じが心地よくて気にいっています。
もちろん見とれるような素晴らしい筋肉の女性もいたし、
あとはレベル問わず、トレーナーと一緒にマンツーマンでトレーニングしている人が多いですね。


オフの日はここでマッサージを受けました。
温めたストーンを使ったマッサージ。
気持ちよかった〜。