« 世界選手権から帰国と座間市役所 | メイン | カラダノコト »

レース観戦@富士見パノラマ

20120917211614.jpg
©信州ふぉとふぉと館

昨日はあずさに乗ってジャパンシリーズ富士見大会の応援に行ってきました。
「あれ?!走らないの?」って声をたくさんいただきましたが、10月にある3連戦に向けて充電中です。
次戦石川大会はアジア選手権と重なっているためお休みですが、最終戦の白馬(10月28日)は走りますよ!
応援よろしくお願いします。

さてさて昨日のレース。
男女とも面白いレースでしたね〜。

まずは女子。スタート1分前からなぜか私も緊張しだして、気合入れて応援しました。
一番気になるのは夏の間一緒に練習した中込選手と与那嶺選手のレース展開。
登りの力で言えば若手の与那嶺選手に軍配が上がるけど、レースはレース。
この力量差は一緒に練習した中込選手も周知のことだけど、それを経験と精神力でどう料理するか。
どきどきのスタートでした。

ふたを開けてみると波乱の展開。
なんとスタートで与那嶺選手が落車してメカトラをおこし、タイムロス。
後方から追い上げるレースとなりました。
1周目を独走で帰ってくる中込選手。2周目ホームストレートの頂上で与那嶺選手との差は1分20秒。
今回新しくできたつづら登りのタイムを計ってみると中込選手が2分6秒。与那嶺選手がなんと1分50秒!
トラブル後も集中を切らさず怒涛の追い上げを見せる与那嶺選手、やるな。
この1周でどれだけタイム差を詰めてくるかと思ったけど。。。
まだ経験の浅い与那嶺選手が下りでタイムロスしてしまうのは仕方がないこと。。。
3周目のホームストレート頂上でのタイム差は2周目のそれと同じ1分20秒。イーブンペースだ。
4周目にはかったタイム差は1分10秒。
中込選手は与那嶺選手を寄せ付けないままラストスパートに入る。
間近で感じる中込選手の息遣いにぐぐっと感動を覚えちゃいました。
そしてつづら登りのペースが上がる。
結局4周目のつづら登りのタイムは与那嶺選手よりも中込選手のほうが3秒ほど速かった!
これは勝利の人参がぶら下がった時のアドレナリンパワーかな。
結局ゴールしてみればタイム差は1分20秒。
中込選手のレース運と精神力に今回もまた勉強させられるレース観戦だった。
そして、もっともっと大きく育ってほしいと思う与那嶺選手はいっぱい悔しい思いをして、それを力にしていってほしい!
強くなれ!

そして男子のレース。
全日本、7月の富士見大会と2レースを見ている人にとって、斉藤選手の昨日の走りは涙腺ゆるんじゃいますよーな感じだったのでは?
毎日心をこめて、いい練習してきたんだろうな〜。
おめでとう!!!

レースは走るのも見るのも楽しいですね。
参加者のみなさん、力の限りの走りを見せてくれてありがとうございました。
行ってよかった♪

そうそう、遅くなってしまいましたが世界選手権のレースレポートアップしました。
http://www.offroad2london.com/race-report.html
またレーススケジュールも更新になっています。
http://www.offroad2london.com/schedule.html