« 最後のレーススケジュール | メイン | アジア選手権ウエルカムパーティー »

アジア選手権レバノンのコースとコンツアー試走

121011.JPG
月曜日の夜に成田空港を出発し、神奈川の自宅をを出てから26時間後、火曜日のお昼にはレバノン、バスキンタのホテルに到着しました。
会場付近はスキーリゾートのようで長閑で景色のきれいな田舎!
ホテルは綺麗!食事はおいしい。ネットも不安定ながらなんとか通じるようで快適です。
標高が1500mぐらい(?)あるので階段の上り下りでゼーハーいっています。
レースまでまだ日があるので徐々に時差と標高に体を慣らしていこうと思います。

クロスカントリーコースはホテルから自走で40分ぐらい。
写真に写っている、道を隔てて向こう側の山の向かって左側のほうがコースです。

20120605110547651.jpg
1周が7キロ以上と長い!
前半が下り基調でシングルトラックも多く、かなり楽しいトレイルライドのようなコースです。
テンション上がります(笑)。
そして後半に待っているのは1キロ以上あるんじゃないか?!という長い登り。
コーナーは2か所だけで、登りの後半はマッスグ直線!
試走ペースでたらたら登ってたら10分もかかってしまいました。
写真は登りの頂上付近。ここが一番斜度がきつく、路面も砂っぽいユルさでテクニカルです。

1210112.JPG
ちょっと前まではコースの登りの斜度と長さ、岩の位置、木の根をさばくライン、コーナーの角度なんかを短時間で頭にインプットできる能力もレース結果を左右する実力の一つだったわけだけど、今はヘルメットカメラという便利なものがあるのです。
昨日の晴天とはうって変わって今日の外は濃霧と冷たい雨と強風。ときどき雷。
そんなわけでコンツアーの動画でイメトレしつつ、ローラー台でコンディションを整えます。