« 3月20日(祝)MTBスクール! | メイン | スクール、スクール。 »

TOKYO2020MTBコース

130312.png
今日ナショナルトレーニングセンターで行われた研修の中で、2020東京オリンピック誘致に関するお話を聞く機会がありました。
IOCの視察が終わったばかりでオリンピック誘致に関する報道も多く、日本もだいぶ盛り上がってきました!
今年9月7日のIOC総会にて2020年オリンピックの開催都市が決定される予定で、日本開催への期待が高まります。

もし開催地が東京に決まったら、東京湾に浮かぶ海の森にマウンテンバイクコースが作られます。
人口の多い都内でマウンテンバイクに触れられる本格的な場所が出来たなら!
子供から大人までより多くの人にマウンテンバイクの楽しさを知ってもらうまたとないチャンスです。

が、東京オリンピックに向けて作られる競技会場のうち、いくつかは東京都の施設として大会後も維持されますが、大会時のみの仮設施設として取り壊される競技会場もあり、今のところマウンテンバイクコースも「仮設」となる予定です。
(ちなみに有明に建設予定のBMXコース、ベロドロームも「仮設」予定)

問題は維持管理費と利用者数のバランスです。

「マウンテンバイクコースの恒久化が意義あるものである」という声が東京都に届けば、コース保存の可能性はまだゼロではないと思います。

マウンテンバイクで笑顔になる人が増えるために、日本の競技力が上がるために、ぜひコースの保存を訴えたい。

何から始めればいいのかわからないけど、まずはこのブログで発言してみます。
みんなで一緒に考えてもらえると嬉しいです。